スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
高速道「逆走」、3年連続900件超 4割が65歳以上
今後もこういった事象は増加していくことが予想される。

高速道路上で進行方向とは逆に走行する「逆走」が3年連続で900件を超え、毎年数十件が人身事故に至っていることが、高速道路6社や警察庁の集計で分かった。逆走したうえ事故を起こす運転者の4割前後が65歳以上の高齢者。高速道路各社は防止策を模索しているが、決定打はまだない。
6社は06年以降、逆走の統計をまとめている。目撃者の通報やカメラ映像などで確認できた分は、06年が947件、07年944件、08年も914件に上った。一方、警察庁によると、逆走に伴う人身事故は01年1月~今年2月末に258件あり、69人が死亡、435人が重軽傷を負った。1カ月平均で2.6件の事故が起き、5.1人が死傷した計算だ。
運転者の年齢別では、高齢者が際立つ。西日本高速道路(大阪市)が02~06年の逆走車の事故を分析した結果、65歳以上の運転が44.7%を占めた。高速での事故全体に占める高齢者の割合(4.7%)の約9倍。警察庁のまとめでも、01年以降の逆走人身事故の38.8%は高齢者が引き起こしていたという。
西日本高速の調査では、インターチェンジ内が約30%、本線内が約25%、SA・PA内が約15%だった。
対策は90年代半ばから続けられている。最近では日本道路公団(当時)が04年、プロジェクトチームを立ち上げ、起きやすい地点に看板を立てたり、啓発ビデオを自動車教習所に配布したりした。
07年11月には高速各社の協議会が防止装置の開発を公募。これを受け、民間7社が、逆走を感知すると「逆走禁止」「危険戻れ」と点滅する看板などを開発した。昨年7月以降、全国24カ所のSAやPAで有効性を検証中だ。
西日本高速は日産自動車と共同で、カーナビを使い逆走を運転者に音声や文字で警告するシステムを開発。11年中の実用化を目指している。

2009年3月16日 朝日新聞より引用



ここで目立つ動きとしては、なんらかのシステムで対応しようとしているところである。
技術立国日本らしい発想ではあるが、なんだか根本的に変えたほうがいいような気もする。
たとえば、65歳以上の高齢者には免許更新の際に必ず、安全運転講習をするなどである。
または、高齢者にもわかりやすいように看板などを大型化するなどである。
システムを開発、普及させるよりは全然、安上がりであろう。

いずれにせよ、他の通行者を巻き込む大惨事になりかねないので、喫緊の対応が必要である。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/20 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<小6男児ひき逃げ、友人がナンバー覚えていた 容疑の会社員逮捕 | ホーム | 交通事故:ダンプのタイヤ脱落し車に直撃 男性が軽傷-白岡の東北道(埼玉)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/72-3cf5716a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。