スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
フル電動自転車ミナミで“御用”に 大阪府警
このようなものが普及しているとはまったく知らなかったが、常識的に考えれば原付バイクと同じであろう。
今回、それが認められるかたちとなった。


道路交通法で「原動機付自転車」と規定されながら、動力の大きさが分からないため、違反があっても摘発が困難だった「フル電動自転車」について、大阪府警交通指導課と南署は、3月中旬にも本格的な違反取り締まりに乗り出す。南署が独自に動力の大きさを分析したところ、ミニバイクと同じ種別であることが分かったため、無免許や飲酒運転での摘発が可能となった。これまで摘発逃れが横行していただけに、影響は全国に広がりそうだ。
フル電動自転車は平成16年ごろに大阪・ミナミに登場し、その後全国に広まった。南署はこれまでに延べ約200人の利用者に警告しており、同署幹部は「大阪市内だけで数百台あるのではないか」と指摘。警察庁は17年、電動アシスト自転車とは異なるフル電動自転車を「ペダル付き原動機付自転車」に分類し、公道走行にはナンバーの登録や免許証の所持、ヘルメットの着用、方向指示器や速度計などの整備が必要、とした。
しかし、大半が中国製だったことから、動力の大きさが分からず、道路運送車両法で定められた種別を特定できなかった。このため、違反しても反則切符に種別を書き込むことができず、摘発が困難だった。
府警幹部は「種別が異なると、道交法に違反した際の罰則金や犯罪事実が違ってくる。種別を特定できない以上、反則切符を切れず、違反に目をつぶらざるをえなかった」と説明する。
府警は17年、免許がなくても公道を走ることができると偽ってフル電動自転車を販売したとして、詐欺容疑で自転車販売店の経営者らを逮捕したが、利用者の摘発例はなく、違反を見つけても警告するしか手立てがなかった。
こうした状況を逆手に取り、「注意されても違反切符は切られない」などと客に説明し、フル電動自転車を売る悪質な販売業者も後を絶たないという。
南署はフル電動自転車約40種のうち流通台数の多い数種について、動力の大きさを独自に分析したところ、いずれも規定の「0・6キロワット以下」と見積もられ、道路運送車両法上ミニバイクと同じ「第一種」と区分されることが判明。道交法違反での摘発が可能になったという。
南署は「自転車感覚でフル電動自転車に乗ることは法律違反だという常識を徹底させたい」としている。

2009年2月28日 産経ニュースより引用



これは自転車の部類で考えれば、非常に便利なものであるものの、公共の交通安全を考えると、ミニバイクの部類に入るものであろう。
くしくも、今回、動力の大きさから、ミニバイクの部類であると判別されたわけである。
これで、公道を走る際は、ナンバーやヘルメットが必要となってくるという。
そうすると、恐らくこの商品は下火となって消えていくだろう。

技術大国ニッポンとしては残念なことであるが、公共の交通安全は優先されてしかるべきものである。
こういうのをジレンマというのであろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/05 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<路線バス 前面に自転車積載 神奈川中央交通 26日から試験的に開始 | ホーム | タクシー窃盗容疑で客逮捕 「早く帰りたい」と自ら運転>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/60-e8304f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。