スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
酒気帯び事故:飲酒教諭が人身事故 五所川原署公表せず-中泊の小泊小(青森)
最近、青森県内における公務員の飲酒事故が多い気がするが、マスコミに狙い撃ちにされているのであろうか。
しかも、なぜか隠蔽したがる傾向にあるようである。


中泊町立小泊小の男性教諭(41)が7日未明、五所川原市で酒気帯び運転をして人身事故を起こしていたことが9日、県教委への取材で分かった。五所川原署はこの事故を公表していない。
県教委によると、男性教諭は7日午前6時ごろ、同市下平井町の国道交差点を乗用車で右折した際、吹きだまりを避けようとして50代男性が運転する軽ワゴン車に衝突。男性は右足打撲などの軽いけが。同署員が飲酒検査をしたところ、法定基準を大幅に上回る呼気1リットル中0・7ミリグラムのアルコールが検出されたという。
男性教諭は6日午後6時から翌日午前3時まで市内の居酒屋などで教諭仲間らと酒を飲むなどし、近くの駐車場で約3時間仮眠。帰宅する途中だったという。男性教諭は同日、校長に事故を報告し9日は出勤していないという。
酒気帯び運転は原則として懲戒免職で、田村充治・県教委教育長は「事実関係を確認し、厳正に対処したい」と述べている。
五所川原署は公務員の酒気帯び運転による人身事故を非公表にする理由について、「呼気検査を拒んだり逃げるなどしたわけではない。逮捕事案や重傷事故でない限り、発表しない。教員や公務員だから発表するという基準もない」としている。

2009年2月10日 毎日新聞 地方版より引用



確かに、教員や公務員のだからといって公表する基準はないであろう。
しかし、同じ公務員だからという隠しておこうという意識が働いているとするならば非常に良くない。
これが続けば、もっと社会的に大きな事件や事故があっても公表しないということになりえないではなかろうか。
理由は件のとおり、「教員や公務員のだからといって公表する基準はない」で済んでしまうからである。

それよりも、むしろ同じ公務員だからこそ公表し、世の中の公務員に注意喚起を促す意味でも積極的に公表すべきであろう。
残念ながら、罪を犯したものは、刑事的にはもちろんのこと社会的にも罰を受けなければならないである。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================
スポンサーサイト

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/11 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<韮崎のひき逃げ死亡:起訴休職中の県職員に給与51%を支給へ(山梨) | ホーム | 交通死亡事故:ゼロの記録更新止まる バス事故で-兵庫県(芦屋)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/44-d358e7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。