FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「酒気帯び運転」道路交通法の改正による厳格化
飲酒運転による行政処分が厳しくなるようである。

政府は27日、飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを柱とした道路交通法施行令の改正案を閣議決定した。今年6月1日から施行される。
酒気帯び運転のうち、呼気1リットル中のアルコール濃度が0・25ミリ・グラム以上の場合、違反点数が13点から25点に引き上げられ、過去に違反歴がなくても一発で免許取り消しになる。同0・15ミリ・グラム以上0・25ミリ・グラム未満の場合は6点から13点に引き上げ、免許停止期間が現行の30日から90日に。飲酒によって正常な運転ができない「酒酔い運転」も25点から35点に引き上げられる。
悪質な事故などで免許取り消しになった後、運転免許証の再取得が禁じられる欠格期間の上限も5年から10年に延長され、危険運転致死罪は8年、同致傷罪は被害者の負傷程度に応じて最長で7年になる。酒酔い運転による事故も、2~5年から3~7年に引き上げる。いずれもひき逃げが加われば最長の10年になる。

2009年1月27日 読売新聞より引用



道路交通法の主な改正点のコピー_convert_20090127155739※クリックで拡大

酒気帯び運転でも免許取り消しとなれば、ますます飲酒後のクルマの運転を控えようと意識する人が増えるのは間違いないであろう。
しかし反面、何も考えずに飲酒後にクルマ運転した人が交通事故を起こした場合、多額の罰金と免許の取り消しを恐れ、その場から逃げてしまうという懸念があるのも確かである。


================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
================================
スポンサーサイト

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

[2009/01/27 16:01] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「ブレーキ踏み間違えた」大阪・居酒屋突入 2年前も同様事故 | ホーム | 交通事故7年連続減少 島根>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/33-e5247dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。