FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
青森・暴走車衝突:少年に5~10年以下の不定期刑を求刑(青森)
昨年の3月に覚せい剤使用後にクルマを運転し、4人を死傷させた少年の論告求刑が青森地裁であったようだ。


青森市野内の国道で昨年3月、覚せい剤を使用して車を運転し、4人を死傷させるひき逃げ事故などを起こしたとして、危険運転致死傷などの罪に問われた北海道の無職の少年(19)の論告求刑が22日、青森地裁(渡辺英敬裁判長)であった。検察側は懲役5年以上10年以下の不定期刑を求刑し、弁護側は危険運転致死傷など市内で起こした事故の無罪を主張した。判決は29日。
裁判では、覚せい剤使用後に市内で起こした危険運転致死傷罪などの成立について、検察側と弁護側が対立した。検察側は論告で「道路状況を認識して約6・8キロを運転した状況や運転前後の行動から、危険運転の故意が認められる。意識も明確で責任能力がある」と主張。弁護側は最終弁論で「運転した記憶がなく、心神喪失状態だった」と反論した。

毎日新聞 2009年1月23日 地方版より引用



ところで、論告の争点となっている、弁護側の論点で「運転した記憶がなく、心神喪失状態だった」という点がなんとなく違和感を覚える。
覚せい剤を使用して、クルマを運転し、4人を死傷させただけでも未成年とはいえ、万死に値すると思う。
それを弁護側が「運転した記憶がなく、心神喪失状態だった」として、罪を軽くしようとしているのが、奇妙なのである。
そもそも、覚せい剤を使用してクルマを運転すること自体が違法なのであるから、自覚があろうが、なかろうが刑を確定しても良いと思うのだが。

この辺の枝葉末節論が無くなれば裁判も早くなるのであろうが、まあそういう訳にもいかないであろうか。。。


================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
================================
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

[2009/01/23 16:26] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<交通事故7年連続減少 島根 | ホーム | トラック逆走:大型と衝突、62歳死亡 東京・中央道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/31-77ef7c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。