スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
トラック逆走:大型と衝突、62歳死亡 東京・中央道
もし、高速道路をクルマで走っていて、前から逆走してくる車両があったら、すごい恐怖であろう。
なぜ、高速道路で逆走は起きたのであろうか。


21日午後8時40分ごろ、東京都世田谷区北烏山1の中央自動車道下り線で、追い越し車線を逆走してきたトラック(1.5トン)が、大型トラック(9トン)と正面衝突した。東京消防庁によると、トラックを運転していた62歳の男性が車内から救出されたが、約1時間40分後に死亡した。大型トラックを運転していた60代の男性にけがはなかった。警視庁高速隊は身元の確認を進めるとともに事故原因を調べている。
一方、この約15分前には調布市緑ケ丘1の下り線(三鷹料金所付近)で、ワゴン車が道路左側の側壁に衝突する事故があり、乗っていた23~44歳の男性3人が首などに軽傷を負った。現場は、死亡事故があった現場から約2.5キロ八王子料金所寄り。ワゴン車は逆走してきたトラックを避けようとして側壁に衝突したとみられ、高速隊が関係者から事情を聴いている。

毎日新聞 2009年1月21日



sbshc088-s_convert_20090122113816.jpg
通常、高速道路の入口と出口には発券所と料金所がそれぞれ設置されているので、入口や出口から逆走して高速道路内に入ってくるというのは、ほぼ不可能である。
そうすると、考えられるのは高速道路の本線でUターンをした場合だ。


それでは、なぜこのトラック運転手は高速道路を逆走したのであろうか?
大切な積荷を落としたのであろうか?
追越車線を走っていたということは、逆走していたトラック運転手から見れば、クルマは左側通行の法規に則っているのがわかる。
積荷を拾いに行くのであれば、危険な追越車線を走るよりも、路肩を逆走したほうがよいだろう。
だから、高速道路を一方通行と認識していなかったのであろうか。
だが、年齢をみると恐らく、ベテランドライバーであろうから、それはないであろう。
また、アルツハイマー病を患うような年齢でもなさそうである。
謎は深まるばかりであるが、トラック運転手が死亡してしまった今、理由は知る由もない。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
================================
スポンサーサイト

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/01/22 11:41] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<青森・暴走車衝突:少年に5~10年以下の不定期刑を求刑(青森) | ホーム | 生命のメッセージ展:交通刑務所で初、遺品を展示(千葉)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/30-c8d16770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。