FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
庭に突っ込み親子3人死亡(広島県:三原市)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
29日午前8時25分ごろ、広島県三原市久井町坂井原の国道486号沿いにある会社員、盛谷(もりたに)浩二さん(51)方の庭に、広島市中区土橋町、会社員、秋保(あきやす)輝行容疑者(25)運転の乗用車が突っ込み、盛谷さんら親子3人をはねた。妻良美さん(41)と次女里歩(りほ)ちゃん(4)は脳挫傷や外傷性ショックで死亡。浩二さんも肝臓破裂で約11時間後に死亡した。県警三原署は秋保容疑者を自動車運転過失致死傷容疑で逮捕した。

 調べでは、秋保容疑者は現場近くの実家に帰省しており、当時は三原市中心部に向かって国道を南進していた。現場の約50メートル手前にある緩い右カーブで道路左側の縁石に衝突した後、交差点の左手前にある盛谷さん方の庭に突っ込んだらしい。秋保容疑者は調べに対し、スピードの出し過ぎをほのめかしている。国道は片側1車線で、現場付近にガードレールや塀はなかった。

 盛谷さん方は4人家族。3人は国道脇の歩道に面した花壇の手入れなどをしていたといい、家の中にいた小学4年の長女(10)だけが無事だった。

 同署は、カーブの制限速度40キロを大幅に上回っていた可能性があるとみて、より罪の重い危険運転致死の疑いもあるとみて調べている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎日新聞 2008年12月29日より引用


年の瀬もせまった日になんとも痛ましい交通事故が起きていた。
車が民家の庭に突っ込み、家族3人が死亡した。
どうやらスピードの出しすぎが原因のようである。

最近のクルマは驚くほどハイテクでとても運転がしやすい。
スピードを出しすぎても、ハンドルやブレーキの性能がとても良く、しっかりと車体が制動する。
運転しているほうは自分の運転がうまいのだと勘違いしてしまうほどだ。
しかし、それが運転者の過信につながり、今回のような最悪の事故を引き起こしてしまうのではないだろうか。
クルマを運転するものは、自分の運転技術のほどを知り、常に安全運転を心がけたいものである。

次に被害者の視点にも立って考えてみよう。
今回の事故現場の民家は国道沿いの家で、付近にはガードレールも塀も何もなかったという。
仮にこの家が塀に囲まれていたならば、もしくはガードレールが設置されていたならば、最悪の事態は免れていたかもしれない。
このことから分かることは、クルマの往来が頻繁にある道路沿いの家は自己防衛を図ったほうが良いということだ。
たまに道路沿いの民家で、塀や垣根の外側などに三角表示板や反射板を取り付けている家を見かけるが、通行車に対しての注意喚起を促す、自己防衛の一つであるのは間違いない。
もしかしたら、過去にクルマに家に突っ込まれたり、塀を壊されたりしたのかも知れない。
常日頃からクルマに対する危機管理を考えることも大切であることが分かる。

なお、そのときの状況を毎日新聞が翌日に更新していたので、その記事も引用する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇傷だらけの父が心臓マッサージ
 近所でも評判の仲良し一家に悲劇が襲った。亡くなった盛谷浩二さんは事故直後、自ら負傷しながら妻良美さんに心臓マッサージを施し、無事だった10歳の長女が救急車を呼んだ。

 この日朝から、浩二さんは自宅庭の花壇で、良美さん、次女里歩ちゃんと花の植え付けなどをしていた。そこへ、午前8時25分ごろ、秋保容疑者の乗用車が突っ込んだ。
 レンガで囲んだ花壇はめちゃめちゃに壊され、数輪の葉ボタンが残るだけに。そばにあった手作りの鉄棒も根元から曲がった。4人家族で1人だけ家の中にいた長女は、「ドンと音がしたので外に出たら、お父さんと妹が倒れていた」と混乱した声で119番してきたという。

 近くの坂井原簡易郵便局の丹下公司局長(58)は、直後に出勤し、事故に気づいた。浩二さんが毛布のかかった奥さんに懸命に心臓マッサージをしていて、「泣きながら『救急車を、はよ呼べ』と叫んでいた」という。

 近くに住む浩二さんの兄幹人さん(53)は親類からの連絡で同9時ごろ現場に着くと、3人は既に病院に運ばれていた。「弟は子煩悩で、子どもたちを可愛がっていた。『正月を迎え、花でも植えようか』と話していたのだが……。何も考えられない」と悔しさをにじませた。

 家族ぐるみの付き合いだった近くの主婦は「里歩ちゃんはとても明るく活発な子で、良美さんも、子どもたちに優しく接する素晴らしいお母さんだった」と声を詰まらせた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎日新聞 最終更新 12月30日より引用


非常にやりきれない交通事故である。
スポンサーサイト
[2009/01/05 12:11] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<交通遺児について | ホーム | <交通事故死>23日で5000人、昨年同日比591人減(全国)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/18-b486577b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。