FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
<交通事故死>23日で5000人、昨年同日比591人減(全国)
日々交通事故の記事に接していると、交通事故が無い日はなく、毎日、日本のどこかで起きていて本当に交通事故は多いなあと思ってしまう。
それこそ、交通事故が無い日があったら、奇跡としてニュースになるのではないだろうか。
それぐらい、交通事故は日常と化しているのだ。
しかし、以下のニュースを見て、ちょっと意外だったので紹介しておこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年の交通事故死者数が23日で5000人となったことが警察庁の調べで分かった。昨年同日に比べ591人少なく、日付別の統計が残っている70年以降で最も遅いペース。年間でも54年ぶりに5000人台にとどまった07年の5743人を下回る5100人台になる見込み。8年連続減少となることがほぼ確実な情勢で、過去最悪だった70年の1万6765人から3分の1以下となる。

都道府県別で死者数が最も多いのは愛知県の262人で、以下▽埼玉県224人▽北海道222人▽東京都210人▽千葉県210人の順。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2008年12月24日 毎日新聞より引用


なんと、交通事故による死亡者が23日現在で5,000人、8年連続で減少、しかも過去最悪だった70年の16,765人の約3分の1になる見通しだという。
これだけ毎日、交通事故のニュースがある中で、死亡者は年々減っているというのは不思議である。
そういえば、以前にも食品に金属片やら虫やらの異物が混入していたのをニュースで連日、報道していて、そんなにも異物混入が多くなってきたのかと思ってみていたら、食品メーカーいわく、メーカーに寄せられた異物混入によるクレーム件数は例年とほぼ同じだと言っていた。
つまり、物事がクローズアップされ、それが何回も報道されると、その物事の印象が深くなり、実際は減っているにも関わらず、多くなっていると感じるのであろう。

それではなぜ、こんなにも交通事故による死亡者が減っているのか。
推察してみるに、これは高齢化社会によるものではないだろうか。
高齢者の交通事故が増えているのでも分かるように、現在、高齢者が車を運転している割合は非常に高い。
そして、一般的に高齢者の運転はあまりスピードを出さず、交差点を曲がるときなどは比較的ゆっくりと慎重に運転している。
このような事実が交通事故の死亡者が減っている一因ではなかろうか。

また、一般的に若いドライバーというのはスピードを出したがったり、無謀な運転をしがちで、危険に対する経験も不足しているので死亡事故を起こす確率が高いが、最近はその若年層のドライバーが減っているらしい。
2007年日本経済新聞社が首都圏に住む20代を対象に実施した乗用車に関するアンケート調査の結果によると、車を持っている、または車が欲しいという人たちが2000年の調査と比べると半減しているというのだ。
ちなみに、その調査では車を持っている人が13.0%、車が欲しい人が25.3%であったという。
つまり、持っている人が8人に1人、欲しい人が4人に1人しかいないのだ。
取りも直さず、若者が車から離れているということは、それだけ若者の無謀運転も減っているということである。
このことも、交通事故による死亡者が減っている一因であると考えられる。

以上のような要因で交通事故による死亡事故が減っているのではないかと私は推察しているが、みなさんの意見はどうであろうか。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

[2008/12/26 10:00] | 統計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<庭に突っ込み親子3人死亡(広島県:三原市) | ホーム | 「飲酒同乗」の燕市職員停職>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/17-d8ed4d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。