スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
唐津の高校教諭酒気帯び運転:県教委が処分、停職6カ月 懲戒免職適用せず /佐賀
こういった、処罰の多様化は、
むしろ、「飲酒運転は犯罪である」ということが定着してきた証拠となるのであろうか

以前は、「飲酒運転=厳しい処分」というイメージであったが、

たとえば、「飲酒後何時間か休憩をとっていた」という事実があれば、
厳罰にならないという例もでてきている。

飲酒した側も、自覚があるからこそ、運転の前にいくらかの休憩時間をとるという行動にでるのであろう。


しかし、ひとによっては、数時間で酔いが冷めるヒトとそうでないヒトがいるはずである。


「飲んだら乗るな!」

何年も前からある標語であるが、

これこそ、端的ににあらわした交通安全の心得と言えるのであろう。






県教育委員会は8日、県立唐津青翔高の宮崎喜則教諭(48)=保健体育=が4月29日に酒気帯び運転で検挙された問題で、同教諭を停職6カ月(6月9日~12月8日)の懲戒処分にしたと発表した。唐津簡裁は今月2日付で罰金30万円の略式命令を出し、教諭は5日に支払ったという。

 県教委によると、教諭は4月28日に学校の保健体育科の歓送迎会に出席し、1~3次会でビール5杯、焼酎水割り8杯程度を飲んだ。その後、駐車場に止めていた車の中で眠り、翌朝7時ごろに運転をしたところ、パトカーに止められ、酒気帯びが分かったという。

 規定では「飲酒運転は懲戒免職」と定めているが、今回は6時間の睡眠を取っており、悪質性が低いなどと判断し、2番目に重い処分に減じた。また、今年になって、飲酒運転による免職の取り消しを命じる判決が三重県などで相次いだことも考慮したという。【上田泰嗣】

【関連記事】



毎日新聞 2009年6月9日 地方版 より引用



================================
■本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

■専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/

■掲示板形式で登録弁護士があなたの悩みに回答します
ロイプロ法律相談所
【PC】 http://lawyer-prof.net/sodan/
================================
スポンサーサイト
[2009/06/16 07:00] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<交通事故:父親が1歳長女はね、死なせる--船橋 /千葉 | ホーム | 酒気帯び運転で懲戒免職 福島県郡山市の男性主査>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/123-896a76bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。