スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
自転車の96歳を在宅起訴、信号無視で死亡事故誘発(茨城県:取手市)
通常、自転車とトラックの交通事故というと、自転車側の被害を想像してしまうが、これは逆のケースである。
信号無視で道路に飛び出した自転車を避けようとして、民家にトラックが突っ込み、トラック運転手が死亡した交通事故だ。
なお、自転車は96歳の男性が乗っていたという。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
茨城県取手市の国道交差点で4月、信号無視の自転車を避けようとしたトラックが民家に衝突、運転していた男性会社員=当時(53)、千葉県柏市=が死亡した事故で、水戸地検土浦支部は19日までに、事故を誘発させたとして重過失致死罪で自転車の無職男(96)を在宅起訴した。
起訴状によると、男は4月7日午前6時ごろ、取手市の国道6号交差点を、自転車で赤信号を無視して横断。避けようとしたトラックを道路脇の民家に突っ込ませ、運転手を死亡させた。
取手署は「自転車の危ない運転が大事故につながった」として、同容疑で書類送検していた。水戸地検は「事案の重大性から公判請求が相当と判断した」としている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2008/12/19 ZAKZAKより引用


一般的に、人間は老いると、思考力、判断力、身体能力が衰えていく。
つまり、体は大きいままに幼児の状態に戻っていくと考えてよい。
かといって、社会的には一人の大人としてみなされているので、今回のように起訴になるのが幼児とは違うところである。

なんともやりきれないこのような交通事故を防ぐには、まず車の運転者の視点から考えれば、高齢者が歩いてたり、自転車に乗っているのを見かけた場合には、交通ルールは守らないものとみなし、十分徐行し、慎重にやり過ごすということが必要になってくるだろう。

また、高齢者側から視点から考えた場合、交通ルールを守るという意識しっかりと植え付ける必要がある。
ilm17_da01020-s_convert_20081219162100.jpg
そのためには警察や自治体が講習会や安全指導に今まで以上に力を入れるべきであろう。
また、それがままならない人には周囲のものがサポートしなくてはならない。今回のように被害者ではなく、加害者になるケースもあるのだから。
今後、日本は世界に例をみない超高齢化社会に突入していく。
このような問題を解決していくのは、日本における一つの喫緊な課題ではないかと思う。
スポンサーサイト

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2008/12/19 16:24] | 交通安全 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<ひき逃げ:伊那で46歳医師が死亡 捜査本部を設置 (長野) | ホーム | 6病院拒否、事故女性死亡=救急車57キロ先の病院に搬送(福島)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/12-69d1f608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自動車保険と、その選び方と見積もり
何のために自動車保険に入るのかというと、最大は賠償の問題でしょうか。人身事故であった場合などは、被害者の傷害の程度によっては億単位の賠償が求められることもあります。こんな賠償を払わされることになっては、人生は台無しですね。選ぶ際のポイントは、●保険の適...
[2008/12/28 10:30] 自動車保険の話
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。