スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
高齢者の交通事故増加に対処する行政制度(栃木県:小山市)
高齢者高齢者の交通事故が年々増加している。

警視庁が出した統計によれば、平成10年の高齢者の交通事故件数が、7,425件であったのに対し、平成19年では、14,894件とここ10年間で倍増している。


なお、警察庁交通局が出した統計によれば、交通事故自体の件数は平成12年~17年まで毎年90万件以上あったのが、平成19年では、83万件と減少している。

この統計から判ることは、日本が高齢化社会へと突き進んでいるということだ。

つまり、高齢者ドライバーの増加により、高齢者の交通事故の比率は高まっているが、若者みたいにアグレッシブな運転はしないので、事故の総数自体は減っているというところだろう。

このような背景をもとに、栃木県内でも高齢者の交通事故が最多であるという小山市が65歳以上の高齢者を対象に免許証を返納したら、1年間市内のコミュニティバスにタダで乗っていいですよ。というサービスを始めた。


=====================================
栃木県小山市は、65歳以上の高齢者で運転免許を自主返納した市民に対し、市内のコミュニティバスの定期乗車券(1年限定)を支給する支援事業を始めた。

警察署で運転免許取消通知書などの交付を受け、市生活安心課に乗車券の支給を申請する。1年間の定期乗車券は、市コミュニティバス11路線の共通乗車券か、駅東循環バス乗車券のどちらかを選択する。


=====================================

毎日新聞 2008年12月3日 地方版より引用



小山市のコミュニティバスの愛称は「おーバス」、小山市内全域を全12路線、9台のバスで運行している。

免許証を返納し、パスが欲しい高齢者は駅東循環1路線のパスかその他の11路線のパスを選択することになる。

しかし、1年間限定ということなので、日常、車を足代わりにしている高齢者がどこまで魅力を感じるかは分からないが、それでも一定の効果はあるだろう。


ちなみに、東京都にはシルバーパス条例というのがあり、東京都内在住で、満70歳以上の高齢者は1年間、20,510円で都内のバスと電車が乗り放題である。
スポンサーサイト

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2008/12/05 16:02] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ひき逃げ事故(富山県:高岡市) | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jikottaracom.blog79.fc2.com/tb.php/1-16b5fa62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。