スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
教習車にはねられ女性死亡(新潟)
なんとも不幸な交通事故が起きてしまった。

22日午後6時45分ごろ、新潟県上越市中郷区二本木の国道18号で、自動車運転の路上教習を受けていた長野県松本市の高校2年の男子生徒(18)の教習車が女性をはねた。
女性は病院に運ばれたが、間もなく死亡。60代とみられ、妙高署が身元確認を急いでいる。
同署の調べでは、日没と雨のため事故当時は視界が悪かった。教習車に同乗していた30代の男性指導教官と男子生徒は「目の前に歩行者がいたのでブレーキを踏んだが間に合わなかった」と話している。
現場は片側1車線の直線道路で歩道はない。

2009年3月22日 産経ニュースより引用



現場は片側1車線の直線道路で歩道はなかったということなので、おそらく歩行者の女性に過失が多くあると思慮される。
とはいえ、教習車側も指導教官が乗っていたにも関わらず注意を怠ったのも事実である。

いずれにせよ、なんとも後味の悪い交通死亡事故である。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================
スポンサーサイト

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/03/31 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通死亡事故:三次・作木町、ゼロ10000日達成 偉業祝い継続誓う(広島)
27年間も交通死亡事故が無い地域があるとはすごいものである。


三次市作木町交通死亡事故ゼロ継続10000日達成式典が21日、同町の文化センターさくぎ体育館であり、町民ら約350人が偉業を祝福、更なる継続を誓い合った。
開会に先立ち来賓らがくす玉を割り、1万日前の81年10月30日の交通死亡事故犠牲者に全員で黙とう。記念事業実行委員会の田村眞司委員長が「町民やドライバーの協力で県内初の記録が達成できた。更なる継続を」と式辞を述べた。
村井政也市長も「交通死亡事故ゼロ継続1万日達成を契機に、あらゆる災害から守る安全・安心の町実現を」と祝福。アトラクションで県警音楽隊の演奏、地元の伊賀和志神楽団の神楽など楽しい一時を過ごした。
記念式典前には県警ヘリコプターが作木小学校グラウンドに着陸し、内閣府からの祝賀メッセージを田村委員長に伝達。全員がヘリコプターの前で記念撮影した。

2009年3月22日 毎日新聞より引用



市のホームページによると、平成16年4月に三次市、双三郡(3町3村)、甲奴郡甲奴町と合併し、三次市作木町としてスタートし、人口は約2,000人という。
確率論から言えば、当然人口が少ないほうが、交通死亡事故も少なくはなるが、交通死亡事故を抑制するためになんらかの活動も行っているのではないだろうか。
もし、そういった活動があるならば、ぜひその活動を全国に公開し、普及させていって欲しいものである。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/30 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
飲酒事故が多発 今年すでに9件
これほど世の中に飲酒運転の撲滅が叫ばれているなか、飲酒事故増加した原因はなんであろうか。

2009年に入り、和歌山県の田辺署管内で飲酒運転による事故(物損含む)が多発していることが分かった。21日現在で9件発生している。同署は「一歩間違えれば大惨事につながる」として、これまで以上に広報や取り締まりに力を入れ撲滅を目指す。
田辺署によると、発生は1月3件、2月1件だったが、3月に入って5件と増加。車やバイクを運転中、停車している車と衝突したり、道路外へ転落したりするケースがあった。年齢は20~70代と幅広い。いずれも、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検する方針。
県警交通企画課によると、県全体では飲酒運転による事故は減少傾向にある。
酒を飲んだ状態で運転したことについて、田辺署員が運転手に事情を聴いたところ「家がすぐ近くだから」「一晩寝たので(酒が)抜けたと思った」と話すなど多くは「運転に支障はないと思った」という趣旨の説明をしたという。
田辺署は「前日にたくさん酒を飲んだ人が摘発されるケースもあるので、ただ寝ればOKではない。今後もドライバー一人一人に飲酒運転は駄目、という意識を訴えていきたい」と話している。

2009年03月21日 紀伊民報より引用



年齢も幅広く、宴会のシーズンでもないので、飲酒事故が増加した原因というのが分かりにくい。
むしろ、宴会シーズンではないからこそ、飲酒検問などが少ないと思って、飲酒運転をしてしまうのであろうか。

ふと思ったが、世界中に通用する、飲酒運転を完全に無くす方法を見つけたら、ノーベル賞ものではないだろうか。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/27 07:00] | 違反 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ETCバー遅い開閉 レーン内の事故減る
まさに対策が効果を上げた事例である。
今後、政府の補助などにより、ETC車両が増加していくので、評価に値する対応であろう。


中日本高速道路会社は18日、昨年11月末から高速道路料金所でノンストップ自動料金収受システム(ETC)の開閉バーを上げるタイミングを遅らせる対策を取った結果、ETCレーン内での交通事故が半減するなどの効果が続いているとの調査結果を発表した。同社はETCレーンでの追突、接触事故を減らす狙いで、昨年11月25日から順次、管内1都11県のETCがある料金所で、開閉バーを上げるタイミングを従来より0・5~1秒遅らせた。
その結果、2007年度には1日平均1・43件起きていたレーン内での事故が、対策開始から今年2月28日までの96日間では同0・65件と約55%減少した。
レーンを通過する車の平均速度も、2月は時速30・2キロと、対策の実施前(時速36・4キロ)と比べて6・2キロ遅くなった。

2009年3月19日 読売新聞より引用



逆に言えば、なぜ最初からそうしなかったのかという疑問は残るものの、この対策により、ETCレーン内における交通事故が半減したそうである。
今後も継続して、このような取り組みを行い、交通事故の減少に力を注いで欲しいと思う。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/26 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
定年まであと半月 県職員を懲戒免職
やはり、悪いことをすると発覚するものである。

青森県は17日、男性職員(60)が3年前に酒気帯び運転で検挙されたのに上司に報告しなかったとして、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。検挙は県への匿名の文書で発覚。男性は「警察から情報提供があると思っていた。打ち明ける度胸がなかった」と話しているという。
県によると、男性は06年3月16日午前10時40分ごろ、青森市中央1の道路で、酒気帯びのまま自分の乗用車を運転。右折禁止の道路を曲がったため警官に止められ、呼気1リットル中0・17ミリグラムのアルコールが検出されて道交法違反(酒気帯び運転、通行禁止)で検挙された。
男性は30日間の運転免許停止処分となり、青森簡裁で罰金20万円の略式命令を受けたが、県に報告しなかった。運転する前日夜に日本酒4合程度を飲み、「約10時間後に運転した」と話しているという。男性は今月末で定年退職する予定だった。
03年4月の県の基準では、職員による酒気帯び運転は原則、懲戒免職処分となるが、県が把握する6件のうち3件は停職処分にとどまっている。今回のケースも県人事課は「届け出ていたら停職で済んだと推測される」としている。
県は懲戒免職処分にもかかわらず、「家族への影響があまりに過度」として男性の名前や所属部署を公表しなかった。県は公表基準について「社会的影響などを個別に考慮する」と話すにとどまった。

2009年3月18日 毎日新聞より引用



結局、定年間近での発覚となり、懲戒免職処分になってしまった。
通常、報告をしていれば、停職で済んでいたようである。

また、今回、県はこの男性の素性を公表しなかった。
交通事故等は起こしていないものの、飲酒運転で検挙された人を実名で報道するメディアも結構ある。
そういう人達にも社会的影響はおおいにあると思う。
それなのに公務員は保護されるというのはおかしいのではないだろうか?
こういったふうに、へんに素性を隠して公表したりするから、さらに非難の的になることにそろそろ気づくべきであろう。
まさに、逆効果である。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/25 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
JA共済連が高齢ドライバー事故防止に教材寄贈
効果のほどはともかくとして、このような活動が増えてくるのはとても良いことである。

高齢者による交通事故を減らそうと、全国共済農業協同組合連合会県本部(JA共済連三重)は、高齢ドライバー向けの交通安全教育用教材を県警に贈呈した。贈呈されたのは、テキストとDVDがセットになった教材655部。脳を鍛えるための簡単な計算や間違い探しをする「交通脳トレ」や、道路の危険個所を分かりやすく示す映像などが収録されている。今後、各署に配り、交通安全教室などで活用する。
津市の県警本部で行われた贈呈式では、JA共済連三重の松本保彦本部長が後藤佳樹交通部長に目録を手渡した。後藤部長は「高齢の運転者は増加しており、教材を有効に使い、事故抑止に努める」と述べた。
県内では昨年の交通事故死者数110人のうち、65歳以上の高齢者が56人と半数を占めた。高齢ドライバーの死者は12人に上り、県警交通企画課は「老化で視野が狭くなったり、反射神経が鈍ったりするため、高齢者の運転は特に注意が必要」と訴えている。

2009年3月18日 読売新聞より引用



現在、高齢者の関係する交通事故が増加傾向にあるため、これを防止する活動は喫緊の課題となっている。
あとは、各警察の努力次第とはなっていくが、こういった教材の寄贈により、警察も交通安全教室などの実施に力が入っていくのではないだろうか。

予防活動というのは、ハッキリとした数字には見えにくいものであるが、地道な活動が交通事故を減少させると思っている。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

[2009/03/24 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
小6男児ひき逃げ、友人がナンバー覚えていた 容疑の会社員逮捕
お手柄小学生のニュースである。


千葉県警松戸署は16日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、東京都江戸川区松本の会社員、大隈則夫容疑者(60)を逮捕した。同署によると、大隈容疑者は容疑を認めている。
同署の調べでは、大隈容疑者は15日午後3時ごろ、松戸市秋山の市道で乗用車を運転中、丁字路交差点で近くに住む市立小6年の男子児童(12)の自転車と出合い頭に衝突。男児に左足打撲などの軽傷を追わせ、逃げた疑いが持たれている。
同署によると、現場近くにいた男児の友人が犯行車両のナンバーを覚えていたことから、大隈容疑者を割り出したという。

2009年3月16日 産経ニュースより引用



相手が子供だから、ごまかせるとでも思ったのであろうか。
その場で、ちゃんと交通事故の申告をしていれば問題は大きくならずに済んだであろう。
ひき逃げは代償が大きいことを改めて証明した交通事故である。

意外に子供のほうが正義感は強い。
この子供達は今後、一生涯の友人として付き合っていくことになるであろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/23 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
高速道「逆走」、3年連続900件超 4割が65歳以上
今後もこういった事象は増加していくことが予想される。

高速道路上で進行方向とは逆に走行する「逆走」が3年連続で900件を超え、毎年数十件が人身事故に至っていることが、高速道路6社や警察庁の集計で分かった。逆走したうえ事故を起こす運転者の4割前後が65歳以上の高齢者。高速道路各社は防止策を模索しているが、決定打はまだない。
6社は06年以降、逆走の統計をまとめている。目撃者の通報やカメラ映像などで確認できた分は、06年が947件、07年944件、08年も914件に上った。一方、警察庁によると、逆走に伴う人身事故は01年1月~今年2月末に258件あり、69人が死亡、435人が重軽傷を負った。1カ月平均で2.6件の事故が起き、5.1人が死傷した計算だ。
運転者の年齢別では、高齢者が際立つ。西日本高速道路(大阪市)が02~06年の逆走車の事故を分析した結果、65歳以上の運転が44.7%を占めた。高速での事故全体に占める高齢者の割合(4.7%)の約9倍。警察庁のまとめでも、01年以降の逆走人身事故の38.8%は高齢者が引き起こしていたという。
西日本高速の調査では、インターチェンジ内が約30%、本線内が約25%、SA・PA内が約15%だった。
対策は90年代半ばから続けられている。最近では日本道路公団(当時)が04年、プロジェクトチームを立ち上げ、起きやすい地点に看板を立てたり、啓発ビデオを自動車教習所に配布したりした。
07年11月には高速各社の協議会が防止装置の開発を公募。これを受け、民間7社が、逆走を感知すると「逆走禁止」「危険戻れ」と点滅する看板などを開発した。昨年7月以降、全国24カ所のSAやPAで有効性を検証中だ。
西日本高速は日産自動車と共同で、カーナビを使い逆走を運転者に音声や文字で警告するシステムを開発。11年中の実用化を目指している。

2009年3月16日 朝日新聞より引用



ここで目立つ動きとしては、なんらかのシステムで対応しようとしているところである。
技術立国日本らしい発想ではあるが、なんだか根本的に変えたほうがいいような気もする。
たとえば、65歳以上の高齢者には免許更新の際に必ず、安全運転講習をするなどである。
または、高齢者にもわかりやすいように看板などを大型化するなどである。
システムを開発、普及させるよりは全然、安上がりであろう。

いずれにせよ、他の通行者を巻き込む大惨事になりかねないので、喫緊の対応が必要である。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/20 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通事故:ダンプのタイヤ脱落し車に直撃 男性が軽傷-白岡の東北道(埼玉)
にわかには信じがたい交通事故である。


14日午前6時10分ごろ、白岡町篠津の東北自動車道下り線で、東京都板橋区前野町、トラック運転手の男性(66)運転のダンプカー(15トン)中央左側の2連タイヤ(直径約1メートル)が2本とも外れ、1本が後続の会社員男性(36)の乗用車の左後部側面にぶつかった。もう1本は跳ねて中央分離帯を飛び越え、上り車線を走行中の会社員男性(29)のトラック前部に衝突、男性は胸を打ち軽いけが。
県警高速隊によると、トラックの車軸とタイヤをつなぐボルト8本のうち数本が折れていたという。

2009年3月15日 毎日新聞より引用



原因が書かれていないので、はっきりとは判らないが、恐らく、このダンプカーの運行前にタイヤの交換やローテーションなどを行ったのではないだろうか。
タイヤの取り付け方が不十分であると、負荷が狭い範囲に集中し、その部分が破損してしまう。

幸い、けが人も軽傷で済んだらしく、高速道路だったこともあり、歩行者などはおらず、大事には至らなかったが、下手をすれば大惨事になっていたことだろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/03/19 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
署名活動:悪質な交通事故死、厳罰求め 遺族らの「全国協議会」(栃木:宇都宮)
現在、飲酒運転に対する罪は厳罰化されてきているが、これはさらに厳しくしようとする動きである。


悪質な交通事故で家族を無くした遺族らでつくる「飲酒・ひき逃げ事犯に厳罰を求める遺族・関係者全国協議会」は14日、宇都宮市のJR宇都宮駅西口周辺で署名活動を行った。同日は県内外の遺族ら約20人が参加し、通行人に悪質な飲酒・ひき逃げの厳罰化を求める署名を呼び掛けた。15日も同所で行う。
01年、刑法改正で危険運転致死傷罪(最高刑20年)が新設された。だが、飲酒運転の発覚を恐れ、現場から逃走した容疑者が体内のアルコールが抜けたころに逮捕され、同罪の適用を免れる「逃げ得」と呼ばれる事態が全国で相次いでいる。
同協議会が県内で署名活動を行うのは初めてで、これまで全国で約44万人の署名を集め、法務大臣に提出している。
鹿児島県奄美大島で03年11月、次男(当時24歳)を飲酒・ひき逃げ事故で亡くした佐藤悦子・同協議会代表(57)=大分県国東市武蔵町=は、「どうして人をひいて逃げた方が罪が軽いのか理解出来ない。まだ飲酒運転を人ごとだと思っている人が多く、自分たちの(家族の)死を無駄にしないために厳罰化を訴えていく」と話した。

2009年3月15日 毎日新聞より引用



なお、この活動において「飲酒運転」と「ひき逃げ」は分けて活動を行ったほうが良いのではないかと思っている。
「飲酒運転」に関しては、危険運転致死傷罪が適用され、1年以上の有期懲役で最高20年、併合加重の場合は最高30年と、死刑または無期もしくは5年以上の懲役の罪に問われる、殺人罪に次ぐ罪の重さである。

問題となっているのは、「飲酒運転」をして、「ひき逃げ」した交通事故において、アルコールが抜けた状態で「ひき逃げ」として捕まった場合、「飲酒運転」の事実を立証するのが難しいことから、「ひき逃げ」の罪のみ適用されて、業務上過失致死と道路交通法違反で懲役が最高7年6ヶ月までと危険運転致死傷罪より罪が軽くなってしまうことである。

つまり、この運動により、「飲酒運転」による危険運転致死傷罪が例えば死刑になると厳罰化された場合、死刑を恐れて、「ひき逃げ」をする確率はもっと高くなるのでは無いだろうか。
だから、現状は「ひき逃げ事犯に飲酒運転と同等の罰則を求める」運動の方が妥当のような気がする。

「罪を憎んで、人を憎まず」という言葉があるが、遺族にとっては感情論に発展するのはやむ得ないものの、これには慎重な議論が必要であるとともに、「飲酒運転」と「ひき逃げ」の厳罰化は分けて考えないと、自己矛盾を引き起こす可能性をはらんでいると思う。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/18 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
酒気帯び運転:「なら漬けでは酔わず」 警察実験、被告に罰金-甲府地裁判決
飲酒運転で摘発された場合、なら漬けを食べたといういい訳は通用しない。
呼気にアルコールが検出されるには相当数のなら漬けを食べないと検出されないのだから。

酒気帯び運転をしたとして道交法違反に問われ「なら漬けを食べた」と無罪を主張していた東京都練馬区、家庭教師、大里順比古被告(60)に対し、甲府地裁は13日、罰金25万円(求刑・罰金30万円)を言い渡した。検察側は、甲府署員5人がなら漬けを食べて呼気検査をし、5人ともアルコールが検出されなかった実験結果などを証拠として提出。渡辺康裁判官は「被告の弁解は信用できない」と述べた。
判決によると大里被告は06年2月2日午後10時45分ごろ、甲府市緑が丘の市道で乗用車を酒気帯びの状態で運転。甲府地検によると、交通検問で基準値を超える呼気1リットルあたり0・22ミリグラムのアルコールが検知されたが、大里被告は「スーパーで買った拳大のなら漬けを食べた」と主張した。
甲府署員は拳より少し大きいなら漬けを食べて呼気検査をした。このほか、財団法人・交通事故総合分析センターによる同様の研究結果などが証拠として提出された。
同地検によると、「なら漬けを食べた」と主張して無罪になったケースはないという。

2009年3月14日 毎日新聞より引用



飲酒運転で摘発された際に、なら漬けを食べたと言うと罪を免れると言うのは結局、噂にすぎなかったことがこれで証明されたかっこうとなった。
検証してみればすぐに判ってしまうことではあるので、無罪を主張するだけ無駄なような気がするが、この判例により、今後は「なら漬け食べた」は通じない。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/17 07:00] | 違反 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
4人重軽傷の事故(福島)
加害者も被害者も高齢者の交通事故である。

8日午後2時40分頃、桑折町万正寺の町道で、同町桑島五、無職斎藤ヨシイさん(68)が、同町南半田、無職佐藤リエ子さん(61)の軽乗用車にはねられ、重傷。佐藤さんと、佐藤さんの車の同乗者2人も軽傷を負った。桑折署の発表によると、現場は見通しの良い幅4メートルの直線。同署で原因を調べている。

2009年3月9日 読売新聞より引用



今後もより一層、高齢者同士の交通事故が増加するのではないだろうか。
一般には人間は高齢化すると、頭では若いときの感覚のままだが、どうしても動作が追いつかないという。
当然、危険を察知したり、回避したりするのも若いときより、時間がかかる。

そこで、一つの案を思いついた。
ある一定以上の年齢に達したら、免許更新時に、高齢者用の安全講習を行うというのはどうだろうか?
これならば、比較的費用もかからずに、高齢者の安全に対する意識が高まるのではないだろうか。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/03/16 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通事故:祖父運転の車に孫がひかれ死亡(滋賀:東近江)
非常に悲しい交通事故である。


7日午前9時20分ごろ、東近江市札の辻2のアパートの駐車場で、日系ブラジル人のサンダ・タミレス・リーナ・フジタちゃん(2)が、祖父で会社員のフジタ・セルソ・アキトシさん(57)運転の乗用車にひかれた。リーナちゃんは栗東市内の病院に運ばれたが、脳挫傷で約4時間後に死亡した。東近江署では、アキトシさんが車で出かけようとして、車の左前方にいたリーナちゃんに気づかずに発車し、ひいたとみて、詳しく調べている。

2009年3月8日 毎日新聞より引用



このような事故形態は被害者も加害者も身内や知り合いというのがとても多い。
それだけに、とてもやりきれないであろう。

特に小さなお子さんを抱えている家庭はこのような事故を心に留めておいたほうが良いだろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/03/13 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トラックにはねられたお年寄り2人死傷(埼玉:川口市)
当然、トラック側に大きな過失はあるが、情状酌量の余地もあると思う。


7日午後10時ごろ、埼玉県川口市芝宮根町の県道で、道路を横断していた同市安行領根岸、藤原澄子さん(79)と同市芝、宮脇俊夫さん(80)が同県越谷市東大沢、運転手、沢里智勝さん(50)のトラックにはねられた。藤原さんが頭を強く打って死亡、宮脇さんが肺に重傷を負った。
川口署の調べによると、現場は片側2車線の直線道路。横断歩道や信号はなかったが、宮脇さんは自転車を押して歩き、藤原さんは歩いて車道を渡ろうとしていた。

2009年3月8日 産経ニュースより引用



通常、クルマを運転する者は、いついかなる時でも危険を察知し、回避できるように心構えておかなければならない。
しかし、今回のように横断歩道も信号もない片側2車線の道路を、お年寄り2人が横切ってきた場合、10人のドライバーがいたとして、はたしてその内、何人のドライバーがこれを避けることが出来るであろうか?

何とか避けられたとしても、今度はドライバー自身が最悪、死に至ってしまう。
少し前のニュースにもそのような交通事故の事例があり、96歳の男性に有罪判決が下ったばかりである。

高齢者の交通安全というテーマは今後、一層重要になっていくだろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/03/12 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
信号時間差作戦で事故削減 サイクルずらし走行速度抑える(愛知)
この取り組みの今後を見守りたいと思う。

青、黄、赤のサイクルを各信号機でずらし、交通事故の削減を-。県警は県内の幹線道路で12日から順次、隣り合う信号機の信号サイクルのずれを大きくして、車の走行速度を抑える取り組みを始める。制限速度を超えて走る車を赤信号で止めるのが狙い。実施する3路線の4区間では平均速度の1割抑制を目指し、2009年度にはほかの12路線にも拡大する。
昨年の県内の交通事故死者数は276人で、4年連続全国ワースト。死亡事故の6割超が交差点で起きていることや車の平均走行速度が上昇傾向にあることから、速度抑制策をとることにした。
実施するのは、名古屋市千種区の県道名古屋長久手線の4キロ区間や豊橋市の国道1号の10キロ区間など。これまでよりも各信号機の信号サイクルのずれを大きくすることで、スピード違反の車が次々に青信号を通過するのを防ぎ、制限速度を守ってもらうようにする。県警交通管制課は「渋滞を招かないよう車両の流れにも配慮したい」と話している。
ほかにも交差点内での事故防止策を実施。09年度からの2年で、歩行者と車が交差点内で交錯するのを避ける「歩車分離式信号機」を計160交差点で導入。歩行者の待ち時間を減らすため、県内の押しボタン式信号機228基を今年9月までに、周囲の車両用信号機と連動しない単独運用に切り替える。 

2009年3月8日 中日新聞より引用



この記事の中にもあるとおり、渋滞を招かないようにするというのは、クルマの走行速度を抑えるというのには相反する考え方であるため、バランスが非常に難しいだろう。
ドライバーがイライラして無謀運転が頻発してしまえば、元も子もない。
とはいえ、現状を変えるという意味ではやらないよりはやったほうがよい。

いずれにせよ、一年後にどういう結果が出るか気にかかるところである。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/11 07:00] | 交通安全 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
研修会:高齢者事故防止に 介護予防拠点で(栃木)
こういう試みは全国で広がって欲しいと思う。
また、これにより、少しでも高齢者の関係する交通事故が減って欲しいと願う。

後を絶たない高齢者の交通死亡事故の抑止を目指す県警は、宇都宮市針ケ谷町の介護予防拠点「地域包括支援センター雀宮・五代・若松原」の職員らを対象に、高齢者事故防止研修会を開いた。
研修会には日ごろ介護サービスなどで高齢者と接する機会の多い職員ら14人が参加。自宅付近での事故が多いことなど、高齢者事故の特徴や具体的な注意点などを学んだ。研修会を修了した参加者には「シルバー交通安全アドバイザー」認定証が授与された。
参加した同センター主任介護支援専門員の津ケ原史代さんは、「今までは抽象的に『気を付けて』としか言えなかったが、今後は具体的なアドバイスができそうです」と話していた。
県警は県内83カ所の地域包括支援センターで順次、同様の研修会を開催して高齢者の事故防止を図っていく。

2009年3月7日 毎日新聞より引用



確かに、このように交通事故防止に対する研修会は、非常に具体的な内容になると思うので高齢者へのクルマに対する意識が変わってくるだろう。
残念なのは、予防講習というのは、結果が非常に分かりづらいことである。
こういった研修会を行う費用を捻出しづらいのではないだろうか。
だから、このような研修会なり、講習会なりを行うノルマを警察署に科すのも一つの手であろう。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/10 07:00] | 交通安全 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通事故:サッカー・レッズ高原選手、車で自転車衝突 男性けが(埼玉)
死亡事故ではなく、良かったようである。


Jリーグ浦和レッズの元日本代表、高原直泰選手(29)がさいたま市内で乗用車を運転中、自転車の男性(24)と衝突事故を起こしていたことが1日、埼玉県警浦和署などへの取材で分かった。男性は左足指を骨折し6週間の重傷。高原選手にけがはなかった。レッズ広報部によると高原選手は「非常に深く反省している」と話している。
同署などによると高原選手は2月28日午後5時10分ごろ、同市浦和区元町2の市道交差点で、左から来た市内に住む男性の自転車と出合い頭に衝突した。高原選手はNACK5スタジアム大宮(同市大宮区)で行われた練習試合を終え帰宅途中だった。レッズ広報部は「一層の安全運転への意識向上を促すため安全教育をしていく」とコメントした。

2009年3月2日 毎日新聞より引用



Jリーグは今週の3月7日から開幕する。
こういった交通事故は、選手の心に少なからず影響を与えるであろう。
ファンとしても心配であろうから、クルマの運転には十分気を付けていただきたい。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/09 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
路線バス 前面に自転車積載 神奈川中央交通 26日から試験的に開始
バス会社もいろいろなサービスを思いつくものである。
このようなバスが今後も増えていけば、市民の生活にはより利便性が増すであろう。


神奈川中央交通(本社・平塚市)は二十六日から、自転車積載が可能な路線バスの運行を一部路線で試験的に始める。バス前面に二台分の積載ラックを設置する仕組みの採用は全国初という。
自転車とバスを並行利用する客の利便性を高めることが目的で、自転車の飲酒運転や、傘を差した片手運転による交通事故防止も期待できそうだ。
今回の導入対象は、茅ケ崎駅南口と辻堂駅南口発着の一部系統の六台。当初は日中を中心に、五月からは飲酒機会が増える午後八時から深夜にかけて延べ約四十本を追加する。
同社によると、自転車積載の路線バスは、後部積載型が北海道で一件、車内搬入型が群馬県で一件あるが、前部積載型は例がなかった。
試験導入後、利用客の意見を集め、運行に支障がないか、検証したうえで他地域への波及について検討する。
広報担当者は「将来的には乗用車からバスへの切り替えを促進し、CO2(二酸化炭素)排出量など、環境負荷の軽減につながれば」と話している。
 
2009年3月1日  東京新聞より引用



確かに、このサービスにより、自転車の飲酒運転の防止、雨の日の傘差し運転の防止、または、バスと自転車を利用した、より遠くへ行く手段などのメリットはありそうである。
しかし、このサービスを開始したと同時に、自転車が2台しか積載できないとの事なので、需要が多い場合はどうするのか?
また、自転車を積み下ろしするのは利用者なのか運転手なのか、その場合のバスの時間のロスをどうするかという懸念材料はある。
いずれにせよ、今後も見守っていきたいサービスである。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/06 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
フル電動自転車ミナミで“御用”に 大阪府警
このようなものが普及しているとはまったく知らなかったが、常識的に考えれば原付バイクと同じであろう。
今回、それが認められるかたちとなった。


道路交通法で「原動機付自転車」と規定されながら、動力の大きさが分からないため、違反があっても摘発が困難だった「フル電動自転車」について、大阪府警交通指導課と南署は、3月中旬にも本格的な違反取り締まりに乗り出す。南署が独自に動力の大きさを分析したところ、ミニバイクと同じ種別であることが分かったため、無免許や飲酒運転での摘発が可能となった。これまで摘発逃れが横行していただけに、影響は全国に広がりそうだ。
フル電動自転車は平成16年ごろに大阪・ミナミに登場し、その後全国に広まった。南署はこれまでに延べ約200人の利用者に警告しており、同署幹部は「大阪市内だけで数百台あるのではないか」と指摘。警察庁は17年、電動アシスト自転車とは異なるフル電動自転車を「ペダル付き原動機付自転車」に分類し、公道走行にはナンバーの登録や免許証の所持、ヘルメットの着用、方向指示器や速度計などの整備が必要、とした。
しかし、大半が中国製だったことから、動力の大きさが分からず、道路運送車両法で定められた種別を特定できなかった。このため、違反しても反則切符に種別を書き込むことができず、摘発が困難だった。
府警幹部は「種別が異なると、道交法に違反した際の罰則金や犯罪事実が違ってくる。種別を特定できない以上、反則切符を切れず、違反に目をつぶらざるをえなかった」と説明する。
府警は17年、免許がなくても公道を走ることができると偽ってフル電動自転車を販売したとして、詐欺容疑で自転車販売店の経営者らを逮捕したが、利用者の摘発例はなく、違反を見つけても警告するしか手立てがなかった。
こうした状況を逆手に取り、「注意されても違反切符は切られない」などと客に説明し、フル電動自転車を売る悪質な販売業者も後を絶たないという。
南署はフル電動自転車約40種のうち流通台数の多い数種について、動力の大きさを独自に分析したところ、いずれも規定の「0・6キロワット以下」と見積もられ、道路運送車両法上ミニバイクと同じ「第一種」と区分されることが判明。道交法違反での摘発が可能になったという。
南署は「自転車感覚でフル電動自転車に乗ることは法律違反だという常識を徹底させたい」としている。

2009年2月28日 産経ニュースより引用



これは自転車の部類で考えれば、非常に便利なものであるものの、公共の交通安全を考えると、ミニバイクの部類に入るものであろう。
くしくも、今回、動力の大きさから、ミニバイクの部類であると判別されたわけである。
これで、公道を走る際は、ナンバーやヘルメットが必要となってくるという。
そうすると、恐らくこの商品は下火となって消えていくだろう。

技術大国ニッポンとしては残念なことであるが、公共の交通安全は優先されてしかるべきものである。
こういうのをジレンマというのであろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/05 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
タクシー窃盗容疑で客逮捕 「早く帰りたい」と自ら運転
酒というのは、つくづく人間の判断を鈍らせるものであると再認識してしまう。

客として乗ったタクシーを、運転手が降りたすきに自ら運転し盗んだとして、愛知県警名東署は26日、窃盗の疑いで、名古屋市天白区植田西、会社員、井上孝彦容疑者(36)を逮捕した。「早く家に帰りたかった」と供述しているという。
同署の調べでは、井上容疑者は26日午前1時20分ごろ、同市名東区猪高台で、タクシー運転手が道を聞くために車を降りたすきに、自ら運転席に乗り込み運転、タクシーを盗んだ疑いが持たれている。
同署によると、タクシーには衛星利用測位システム(GPS)が付いており、運転手の110番で署員がタクシーを追跡、約10分後に現場から約1・2キロ離れた路上で発見した。運転していた井上容疑者の呼気からアルコール分を検出、同署は酒気帯び運転の疑いでも調べる。

2009年2月26日 産経ニュースより引用


いくらなんでも、早く家に帰りたいからといって、乗り合わせたタクシーを奪っていくとは常識では考えられない出来事である。
運転していた男の呼気からはアルコール分が検出されているので、これで、窃盗と飲酒運転で二重の罪に問われるであろう。

こんな、常識ではありえない事件は、やはり、酒を飲んで、気が大きくなっていたのであろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/04 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
飛び出しに「注意を」、音声で安全運転支援
このようなシステムが普及すれば、大幅に交通事故が減少するに違いない。

交差点に設置した光ビーコンを活用して、衝突事故などが起きる前にドライバーに音声で警告する「安全運転支援システム」(DSSS)の走行実験が、今月28日まで東京・お台場で一般公開されている。
なぜ事故の危険を察知できるのか――。“未来の車”に同乗して、その秘密を探った。
東京・お台場のゆりかもめ「テレコムセンター駅」近くの片側1車線の道路。信号機のない丁字路交差点に、車がさしかかると、突然、車内に警告音が鳴り、「左からの自転車に注意してください」という音声が流れた。カーナビの画面には瞬時に自転車のイラストが浮かび上がる。スピードを落として交差点の前で一時停止した直後、目の前の横断歩道を左から右へと自転車が通過していった。
すぐ近くの見通しの悪い交差点でも再び、「脇道からの飛び出し車両に注意してください」という音声が流れる。お台場のコースを約30分かけて1周するうちに警告が鳴ったのは7回。いずれも警告がないと、事故につながるケースだった。
警察庁が「究極の交通事故防止システム」としているDSSSは、交差点や路上に張り巡らされた「光ビーコン」とカメラが支える。
横断歩道に設置されたカメラが自転車や歩行者を感知し、交差点近くに設置された光ビーコンが車の走行をとらえると、自転車や歩行者の情報を無線で車のカーナビに送り、カーナビのソフトが、車の速度などから「事故の危険性」を計算して警告を鳴らす仕組みだ。車同士の衝突だけでなく、左折時の巻き込みや前方の停車車両への衝突など8種類の危険を予想できる。
赤外線で通行車両を認識する光ビーコンは1996年から渋滞情報の収集のため全国の交差点に導入され、すでに5万台以上が設置されている。警察庁はこれを活用し、2010年度から全国の事故多発地点の交差点などにカメラを付けて実用化する方針。来年初めにも市販されるソフトを、道路交通情報通信システム(VICS)対応カーナビに読み込めば誰でも利用できる。

2009年2月26日 読売新聞より引用



このシステムはつまり、設置されているカメラが捉えた歩行者や自転車の情報を、光ビーコンを使って、その周辺のクルマに送信し、警告として知らせるものである。
ちなみに、光ビーコン自体はすでに日本全国の交差点等に約5万台以上も設置されているという。
あとは、そこに新たにカメラを取り付けるだけである。

もし、このシステムが成功したら、他の国々の人口が密集している地域に対して輸出も可能ではないだろうか。
つまり、国民の税金に頼ることなく、資金の回収、運営が出来るということである。

また、本来の目的である交通事故の防止という側面から見てもこれが普及すれば、かなり出会い頭の交通事故などが減少するのではなかろうか。

いずれにせよ、非常に楽しみなシステムであるといえよう。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/03 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
県警初の広域技能指導官 池森昭警部補55
こういう人のおかげで、ひき逃げ交通事故の検挙率は上がるのであろう。


県警本部交通指導課の交通鑑識指導官。ひき逃げ事件の現場に残された物を分析し、逃走車両を特定する技術は県内随一で、約250件の犯人逮捕に貢献した。とりわけ車両塗装の破片「塗膜片」の分析に定評があり、1ミリ四方あれば、車種を探し当てられる。昨年10月には、警察庁に「広域技能指導官」に選ばれた。県内から初めて認定された「警察組織の財産」だ。
普段は穏やかな性格。ただ、車両を特定する技術の説明になると、「裏方仕事で目立たないが、交通鑑識は、事故捜査の最後の砦(とりで)。逃げ得は絶対に許さない」と、目に力がこもる。
分析作業は、厚さ80~120マイクロ・メートル(1マイクロ・メートルは1000分の1ミリ)の塗膜片をヤスリで斜めに削り落とすことから。人さし指と親指ではさみ、力加減を調節するのも、経験がモノをいう。続いて、顕微鏡で色の層を確認。車は何層にも違う色を重ね塗りしてあり、各層の色や組み合わせは、車種や年式ですべて異なるため、手配車両を割り出せる仕組みだ。ただ、各層とも、色の種類は数百から数千。あせ具合も計算に入れ、サンプルと見比べて特定するには、相当な集中力と忍耐力が欠かせない。
1972年に警察学校に入校。高崎署や通称「成田空港警備隊」などの勤務を経て82年、交通指導課に配属され、以来、交通畑を歩む。当時、「塗膜片分析の神様」と呼ばれた係長は、「見て覚えろ」という職人気質。その背中を追おうと、家に顕微鏡を持ち帰り、ヤスリで削りを練習していて、指先に血がにじむのもしばしば。
鑑識官として独り立ちできたのは87年、33歳だった。東毛地域で60歳代の男性が車にはねられて死亡、犯人が逃走した。大雨の中、現場で、ようやく見つけ出せたのは、最長約5ミリの塗膜片。2日後に車種や年式を特定し、それから58日目、近くの男が逮捕された。
「自分の鑑定が正しかった証拠。捜査中は胃が痛いが、解決できれば、この上ない達成感を味わえた」
定年退職まで、あと5年1か月。体得した「職人芸」は、数をこなさなければ身に着けられない上、自身も指導に十分な時間を割けない。そこで、塗膜片の実写資料をコンピューター上でデータベース化する作業に力を入れる。完成すれば、塗装色の特定に要する時間を大幅に短縮できるといい、「これが僕の置き土産だね」と穏やかに話している。 

2009年2月23日 読売新聞より引用



ひき逃げ交通事故の現場に、わずか1ミリ四方でもクルマの塗膜片が残っていれば、車種を探し当てられるという。
こういった人材は、もちろん本人の希望があってのことであるが、定年を過ぎても活躍できる場が必要かも知れない。
それでこそ、公務員の存在意義が最大限発揮できるのではなかろうか。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/02 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。