FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
交通事故:無人パトカー、民家に突っ込む 車外からエンジン、突然発進(秋田)
模範を示すべき警察官がこのような失態を犯すのは言語道断である。

秋田県警秋田中央署の女性警察官が、同署山王交番(秋田市山王中島町)前に停車中のパトカーの外から手を伸ばしてエンジンをかけたところ突然、無人のまま発車し、県道を横切り住宅の玄関に突っ込んでいたことが分かった。同署は「あってはならない事故。被害額を調べて全額を弁償したい」とコメントし、被害者に謝罪したという。
同署によると21日午後1時ごろ、同交番勤務の女性警察官がパトカーで出動する際、車に乗り込まずに外側からエンジンをかけたところ、ギアが1速に入っており車は発進した。サイドブレーキは凍結防止のためかけていなかったという。車は中央分離帯を挟んで片側3車線の県道・山王大通り(幅約30メートル)を横断、道路反対側の住宅の玄関に衝突しガラスなどを破損した。けが人はなかった。

2009年2月23日 毎日新聞 東京朝刊より引用


恐らく、エンジンを暖めるために、横着してパトカーの外からエンジンをかけたのであろう。
一般人ならいざ知らず、交通法規の手本となる警察官がこのような初歩的なミスを犯すのはいかがなものであるか。
幸いケガ人がなかったから、よいようなものの、基本とも言うべきクルマの扱い方をもう一度、一から学んだほうがよいと言いたくなるような出来事である。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================
スポンサーサイト

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/27 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
高速道路「逆走」が多発 年間900件以上 45%が高齢者
残念ながら、人間は高齢化してくると判断力が鈍ってくるのはやむを得ない。
問題はこういった事実に対して、どう対応していくかが焦点となる。

高速道路での「逆走」の件数が、年間900件以上に達していることが22日、東日本、中日本、西日本の各高速道路会社のまとめで分かった。猛スピードでの正面衝突は死亡事故につながることも多く、高齢ドライバーの増加で逆走件数は上昇することも懸念されている。「対策には決め手がない」とされる中、カーナビを利用した「防止装置」の開発がスタートした。
■料金所に気づかず
「ここは一般道じゃないんですか」
1月21日午後2時ごろ、福井市の北陸自動車道下り線で、無職の男性(86)が運転する乗用車が、約3キロにわたって逆走した。福井市内から越前町内の自宅に帰る途中だったという。男性にけがはなかったが、男性の車を避けようと急ハンドルを切った車が、ガードレールに衝突する物損事故が起きた。
男性は料金所を通過する際、通行券を取っておらず、高速道路を走っているという自覚はなく、対向車線のドライバーが合図をして知らせるまで気づかなかった。福井県警の調べに男性は「自宅へ走っていた。一般道だと思っていた」などと、驚いた様子で話したという。
県警高速隊は道路交通法違反(通行区分違反)の疑いで調べているが、「一歩間違えれば大事故につながっていた」と胸をなで下ろしている。
■件数は“高止まり”
東日本、中日本、西日本の各高速道路会社によると、平成19年の逆走件数は3社合わせて922件。18年は925件で、件数は“高止まり”している。
死亡事故に発展することもある。昨年10月には、札幌市白石区の道央道下り線で、男性(87)が運転する乗用車が逆走し、ワゴン車と正面衝突して男性が死亡した。「カメラに写っていた映像では、ふらつくことなくまっすぐ堂々と走っていた。逆に走っていると気づいていない様子だった」(道警高速隊)。
特に逆走を起こしやすいとされるのが、高齢のドライバーだ。
西日本高速道路が、管内で逆走によって引き起こされた事故を調べた結果、運転者の44・7%が65歳以上の高齢者だった。事故全体を見ると、高齢者の割合は4・7%だったことから、逆走事故の“主役”は高齢者であることがうかがえる。「地方では車がなければ買い物にも行けないという現状もある。高齢化が進む中、逆走件数は今後増えていきそうだ」と日本大学の高田邦道教授(交通工学)は警告する。
■カーナビが「注意」
こうした中、西日本高速道路などが開発に着手した「防止装置」は、GPS機能を利用。本線と反対の方向に走ると、注意を促す画面表示が現れ、「逆走しています」という音声が繰り返し流れる。
今後実験を重ね、2年以内の実用化を目指す。西日本高速道路は「カーナビが車内で直接ドライバーに警告することで、事故防止につなげたい」と意気込みを語る。
ただ、逆走は「ドライバーが認知症を疑われるケースも多い」(警視庁幹部)といい、“注意喚起”だけではすべての事故を防げないのが現状だ。高田教授は「免許返納制度など対策はあるが、決め手はない。コスト面などで難しいだろうが、究極の対策としては、逆走を感知し、遮断機などで物理的に止めるしか方法はないのではないか」と話している。
警察庁によると、統計がある平成13年から昨年までの逆走事故での死者は59人。猛スピードで正面衝突することから死亡事故になることも多く、17年には27件の事故中13件で死者が出た。原因の多くは運転手の「うっかり」。目的のインターチェンジを通過してしまったためUターンすることや、サービスエリアでの休憩後、入り口から本線に逆に進入することなどが挙げられる。

2009年2月22日 産経ニュースより引用



逆走は、本人だけでなく、他人にとっても非常に危険な行為である。
これがまた、故意ではないだけに厄介な問題だ。
警察等の対応も必要であるとは思うが、こういう場面に出くわしたら、クラクションを鳴らしたり、パッシングをしたり、速やかに警察に連絡するなどが、現状すぐにできる対応方法であろう。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/02/26 07:00] | 統計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
飲酒運転:追放へ、タクシー無料券-鈴鹿・亀山社交飲食業組合加盟店(三重)
飲酒運転撲滅運動はお酒を提供する店側にも努力が必要であるが、こういった取り組みは非常に好感的である。

鈴鹿・亀山社交飲食業生活衛生同業組合(小林充理事長)は、3月1日から鈴鹿、亀山両市にある組合加盟のスナックなどで飲酒した客にタクシーの初乗り運賃の無料券をサービスする。亀山市安知本町のタクシー会社「すばる交通」とタイアップして実施する。
無料券サービスは、組合が既に取り組んでいる「代行運転割引チケット」などと同じ「飲酒運転追放キャンペーン事業」の一環。飲酒した客が帰宅や移動のためタクシーを利用する際、その店が発行した「タクシー初乗り運賃券」を運転手に渡すと初乗り運賃630円が無料になる。利用者は初乗り運賃を差し引いた賃走料金だけを支払う。
初乗りの料金は、加盟店とタクシー会社、組合の3者で負担する。スナックやクラブなど加盟の30店で発行する。

2009年2月21日 毎日新聞 地方版より引用



ただ、利用の実際をシュミレーションしてみると、クルマを運転して店に来た客がこのタクシー初乗り無料サービスをどれだけ利用するかと考えると、「代行運転割引チケット」よりは利用率が低いであろうという気はするが、それでも取り組み自体は評価されるべきである。

このサービスを実施するにあたり、店までクルマでこないで、タクシーを利用して来て下さいというアナウンスも一緒に行っていくべきであろうと思う。
例えば、タクシー会社とタイアップしているのであれば、店に来るときにタクシーを利用し、領収書と免許証を提示すればドリンク一杯無料というサービスなら、たいしてコストをかけずに、このサービスの実効率を上げられるのではないだろうか。
サービスの実効率を考えると、そこに、もうひと工夫が必要かもしれない。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/02/25 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
飲酒運転:タクシー、客4回乗せる 懲戒解雇処分に(名古屋)
クルマの運転を職業にしている人は、飲酒後の運転はもってのほか、しかも他人を乗せるタクシーであればもってのほかである。


名鉄名古屋タクシー(本社・名古屋市中川区万場2)は18日、勤続約1カ月の養成乗務員の男性運転手(50)が、名古屋市中村区のホテル内のレストランで飲酒し、乗務していたと発表した。飲酒の事実を否認しているが、同社はホテルの駐車場監視カメラなどで本人と判断し、17日付で懲戒解雇処分にした。
同社によると今月14日、運転手は乗務前の飲酒検知などを実施後、午前6時50分に本社を出庫。同8時5分ごろ、ホテル駐車場に車を駐車し、制服を脱ぎネクタイを外してレストランでビール小瓶2~3本を飲み、同9時23分から乗務を再開していた。
ホテル側から同社に「飲酒してタクシーを運転していった」と通報があり、同社で調査したところ、運転手は飲酒後、4回客を乗せたという。

2009年2月18日 毎日新聞 中部夕刊より引用



以前も、タクシー運転手の飲酒運転を題材として取り上げたが、これも同じ類である。
いくら、勤続1カ月とはいえ、飲酒してからのクルマの運転は交通事故の確率を格段にアップさせる。
これは、職業というよりも、人としてのモラルの問題である。
しかも、飲酒後に客を4回も乗せていたとはなんとも恐ろしい話である。

今回の事件の発覚は、男性運転手が飲酒をした、ホテルのレストランが警察に通報して、発覚したという。
確かに、最近はクルマを運転している者にお酒を出した、店側の責任も問われるようになってきている。
ただし、店側もお客がクルマを運転してきているのかをいちいち調べるのは大変である。
今回、ホテルのレストラン側がとった行動は、交通事故の可能性を未然に防いだという観点からすれば、表彰ものであると思う。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/02/24 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
摘発腹いせ、勘違いで甲府署に車で突入…本当は「笛吹署」
なんとも間抜けなお騒がせ男である。

軽乗用車で山梨県警甲府署の正面玄関に突っ込み、自動ドアを壊したとして、甲府地検は20日、同県笛吹市、土木作業員古屋和仁容疑者(39)を建造物損壊罪で起訴した。

起訴状や捜査関係者によると、古屋容疑者は2日、自宅で焼酎を飲んでいる際に、以前酒気帯び運転で摘発されたことを思い出し、腹いせに警察署に車で突っ込もうと決意。缶ビールを飲みながら運転して甲府署に向かい、アクセルを踏み込んで玄関に突っ込んだという。実際に酒気帯び運転で摘発したのは笛吹署だったが、摘発された場所が甲府市内だと記憶していて甲府署に摘発されたと思い込み、ターゲットにしたという。調べに対し、古屋容疑者は「笛吹署だとわかっていたら笛吹署に行った。署にダメージを与えるなら車でぶつかるのが一番良いと思った。悪いことをしたと反省している」と話しているという。

2009年2月21日 読売新聞より引用



いくら腹が立って、復讐したいと思ったからといってこれでは、ただの通り魔と同じである。
幸い、ケガ人はいないので、建造物損壊罪で済んだようである。
違う意味で、「お酒は人をダメにする」という事例である。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/02/23 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
火事現場で酒気帯び・ひき逃げ、容疑の消防団員逮捕
ひとつ出来事に対し、放火とひき逃げで別々に2人の容疑者がでてくるのは珍しい事象であろう。


長崎、容疑で逮捕 長崎県警五島署は15日、同県五島市岐宿町松山、市消防団員の農業、糸柳真治容疑者(34)を道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)容疑で逮捕した。
発表によると、糸柳容疑者は14日午後10時30分頃、同町で発生した住宅火災の現場で、酒気を帯びた状態でポンプ車を方向転換させようとし、前方にいた消防団員男性(37)をはね、ポンプ車を放置して逃げた疑い。男性は太もも打撲の軽傷。
約30分後に現場に戻った糸柳容疑者を同署員が発見。ひき逃げ容疑を認めたため飲酒検知をした結果、基準を超すアルコール分を検出した。飲酒については否認しているという。
この火災では、住宅所有者の無職戸野本朗容疑者(52)が現住建造物等放火の疑いで逮捕された。

2009年2月16日 読売新聞より引用



いくらなんでも、酒を飲んでの消防活動はマズイであろう。

ところで、このニュースには「市消防団員の農業」という表記があるがどういうことなのであろうか?
早速、調べてみると、まず、消防団員とは、農業、自営業、会社員などの本業を持ちながら火災や水害などのあらゆる災害から市民を守るため、地域防災のリーダ-として献身的に行動している人で、身分的には特別職(非常勤)の地方公務員だが、ボランティア的な割合が多いようである。

そのため、消防署員とは違い、仕事が終わってから職場から、そのまま火災現場などに駆けつけるか、自宅から駆けつけることになる。
午後10時という時間からして、おおかた家で飲酒をしていたのであろう。
当然、一切飲酒をするなというのは酷であるから、せめて当番制にすべきなのであろう。
献身的に行動している地域防災のリーダ-という肩書きが台無しである。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/20 07:00] | 違反 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
無免許・飲酒で事故→ひき逃げ 49歳男を逮捕、那須塩原署
これだけの違反を一度に犯すのも、なかなか珍しい。


那須塩原署は15日、無免許で飲酒運転して事故を起こした上、そのまま逃走したとして、自動車運転過失傷害とひき逃げの疑いで、大田原市大輪、無職小沢清春容疑者(49)を逮捕した。
調べによると、小沢容疑者は同日午後0時10分ごろ、那須塩原市槻沢の広域農道交差点で右から来た乗用車と衝突、相手車両を横転させ、運転手に軽傷を負わせた上、そのまま逃走した。
その後、付近を捜索していた警察官が大田原市内で逃走車両と似た乗用車を見つけ、職務質問したところ、犯行を自供したことから、逮捕した。
小沢容疑者は無免許で、逮捕時には呼気1リットルあたり0・15ミリグラム以上のアルコールが検出された。

2009年2月15日 下野新聞より引用



無免許運転・飲酒運転・ひき逃げ。
しかも、相手には軽傷を負わせている。

非常に悪質極まりない男である。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/19 07:00] | 違反 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
横転:トレーラーが首都高で 1人死亡-昨年も事故の池袋線(東京)
昨日もトラックの横転交通事故のニュースを扱ったが、同日、首都高でも横転交通事故があり、こちらは死亡者が出たようである。

14日午前11時45分ごろ、板橋区熊野町の首都高速5号池袋線上りの熊野町ジャンクション(JCT)付近で、大型トレーラー(24トン)が側壁に衝突して横転し、運転手の男性が死亡した。警視庁高速隊が男性の身元確認を急いでいる。
高速隊によると、同JCTは高架式の二重構造。現場は2車線の左カーブで、曲がりきれなかったらしい。
この事故で側壁が約30メートルにわたって壊れ、破片が高架下の下り線や一般道に散乱した。同線は上下線とも、同JCT付近で約8時間、通行止めになった。
池袋線では、昨年8月にも、タンクローリーが横転して炎上し、全面復旧まで約2カ月半かかる事故が起きている。

毎日新聞 2009年2月15日 地方版



しかも、記憶にも新しい、復旧まで2ヶ月以上かかった、2008年8月3日のタンクローリー横転炎上交通事故があった場所のすぐ近くである。
道路形状もあるだろうが、やはりスピードの出しすぎが一番良くない。
道路形状が悪いからこそ、ゆっくりと落ち着いて走行すべきである。

最近のクルマは非常に性能が良いので、自分はクルマの運転がうまいと思っている人は多いであろう。
しかし、実際はクルマが運転者の下手な運転技術を補ってくれているのだ。それを勘違いしてはいけない。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/18 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
横転:大泉JCTでトラック、2車線をふさぐ(埼玉)
人身事故で電車が止まり、乗客に迷惑がかかることがあるが、これも同じ類である。

14日午後4時25分ごろ、東京都練馬区大泉町4の関越自動車道上り線から外環自動車道外回り線に接続する大泉ジャンクション(JCT)Bランプで、千葉県四街道市の会社員男性(43)の4トントラックが横転し、荷台のショベルカーとともに2車線をふさいだ。
県警高速隊によると、トラックには男性ら3人が乗っていたが、いずれもけがはなかった。運転していた男性は「スピードを出し過ぎて横転してしまった」と話しているという。事故の影響で同ランプは午後4時35分ごろから約3時間にわたり通行止めとなり、最大5・8キロ渋滞した。

2009年2月15日 毎日新聞 地方版より引用



外環自動車は現在、首都高速、関越道、東北道、常磐道などを結ぶ、都市の大動脈である。
一般の観光道路とは違い、物流トラックなどが行き交う産業道路でもある。
その、道路が約3時間にもわたり通行止めになったのは非常に迷惑千万、経済損失も図りしれないであろう。

幸いなのは、この交通事故による負傷者がなかったことであろう。


================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/17 07:00] | 交通事故 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top
有印私文書偽造・行使:違反切符に兄の名書く 逃れられず、刑重くなる(熊本)
思いのほか罪は重いようである。

違反切符に兄の名を署名したとして有印私文書偽造・同行使罪などに問われた熊本市帯山の店員の男(20)の初公判が12日、熊本地裁(井野憲司裁判官)であった。検察側は「処罰を免れようとする大胆かつ悪質な犯行」として懲役1年2月を求刑した。処分を逃れるために偽の署名をして逮捕される事例は県内で毎年5、6件発生しており、県警は「軽率な行為は罪を重くするだけ」と話している。
検察側の冒頭陳述などによると、男は昨年12月、酒気帯び運転の疑いで違反切符の交付を受け、免許の提示を求められた。その際、免許不携帯を主張。さらに「探したが見つからない」と言い、署名欄に兄の氏名、住所、生年月日を書いて提出したという。
数時間後、男から説明を聞いた兄は「自分のしたことは自分で責任持て」と怒って警察に通報。県警は有印私文書偽造・同行使などの容疑で逮捕した。
県警交通指導課によると、交通違反で検挙されると氏名や生年月日、住所などを記入しなければならず身内をかたるケースが多いという。発覚すると複数の罪を問われ、刑罰は重くなる傾向がある。免許不携帯を主張すると写真撮影され、逃れられる可能性は極めて低い。
同じく兄の名をかたり有印私文書偽造・同行使罪などに問われた男(32)に対する判決公判が12日あり、熊本地裁は懲役1年(求刑1年6月)の実刑判決を言い渡している。

2009年2月13日 毎日新聞 地方版より引用



交通違反により、キップを切られるが、そのときに免許証を所持していなかったり、あるいは所有しているのにワザと提示せずに自分ではないほかの人の名前や生年月日を使用した場合、有印私文書偽造・行使の罪に問われ、実刑判決を言い渡されてしまう。
それは、結構、罪が重く、約1年の懲役になりかねない。

当然、この事実を知らずして、安易違反の言い逃れをしようと考えていたのかも知れないが、逃れられるはずはないのである。

ひき逃げなどにしてもそうであるが、罪を犯したならばやはり神妙にしなければならない。
さもないと、その罪はいっそう重くなるのであるから。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

[2009/02/16 07:00] | 違反 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ネット通じ車借りて事故…ひき逃げ容疑で少年逮捕
クルマを借りるほうも借りるほうなら、クルマを貸すほうも貸すほうである。

インターネット上の掲示板に車を借りたいと書き込み、返答してきた20代の男性から借りた車を無免許運転し、ひき逃げ事故を起こしたとして、宮城県警石巻署は9日、自動車運転過失傷害と道交法違反容疑で同県石巻市の外装工の少年(17)を逮捕した。
車のナンバーなどの目撃証言から同署が所有者を割り出し事情聴取したところ「ガソリンを満タンにして返す条件で、ネットで知り合った人に車を貸した」と説明したことから少年が浮上。少年は「無免許運転がばれるのが怖くて逃げた」と容疑を認めているという。
調べでは、少年は昨年8月23日、男性と石巻市で落ち合って乗用車を借り、同日午後10時ごろ、同市内で無免許で運転している際に、交差点で30代男性の軽乗用車に衝突。頭を切るなどの軽傷を負わせ、そのまま逃走した疑い。

2009年2月10日 ZAKZAKより引用



クルマを運転したいがために、ネットで知り合った人にクルマを借りようとするというのは初めて聞いたが、これも時代と少年の無知がなせるワザであろうか。
しかも、20代の男性が、たかだか、ガソリンを満タンにするだけで、ネットで知り合った無免許の少年にクルマを貸すというのも驚いた。
ガソリン代にも事欠くほど困窮していたのであろうか。

交通事故にあった30代の男性が軽傷であったのは、2人にとってせめてもの救いであっただろう。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

[2009/02/13 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
韮崎のひき逃げ死亡:起訴休職中の県職員に給与51%を支給へ(山梨)
過ちを犯した者を追い詰めるようなことは良くはないとは思うが、こういう対応はどうであろうか。


韮崎市の国道で08年9月、男性を乗用車でひき逃げして死亡させたとして自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の罪で起訴されている県総合農業技術センター主査、古矢昌被告(43)=山梨市上栗原、起訴休職中=について、県は9日、給与の51%を支給することを決めた。
県人事課によると、古矢被告の求めを受け、県人事委員会が「本人と家族が最低限の生活を営むことができるよう給与を支給すべきだ」として、51%以上60%以内の支給を勧告した。県は当初、給与を支給しない方針だったが、勧告を受け、休職発令日にさかのぼって支給する。
額は明らかにされていないが、県職員の平均年齢(43・3歳)に相当する給与は月額35万円。
起訴休職中の職員が休職期間中の給与の支給を求めることは、地方公務員法で認められている。

2009年2月10日 毎日新聞 地方版より引用



罪を憎んで人を憎まずとはよく言われる言葉である。
最近は些細なことでも言及される傾向にあり、その流れ自体は関心できるものではない。
まるで、ナチス・ドイツ時代のゲシュタポを連想してしまうのである。

感情的に考えれば、ひき逃げ事故を起こして逃げたとはいえ、その人にも生活があるであろうから、給与を支給すること自体は人道的であるし、否定はできない。
しかし、これが公務員となってくると話は変わってくるのではなかろうか。

通常、普通の会社組織であれば、このような場合、クビになってもおかしくない状態である。
それが、休職で済んでいるどころか、半分とはいえ、給与が支給されるという。その財源は、市民の税金である。
非常にナイーブな問題ではあるが、慎重な議論が必要ではないであろうか。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

[2009/02/12 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
酒気帯び事故:飲酒教諭が人身事故 五所川原署公表せず-中泊の小泊小(青森)
最近、青森県内における公務員の飲酒事故が多い気がするが、マスコミに狙い撃ちにされているのであろうか。
しかも、なぜか隠蔽したがる傾向にあるようである。


中泊町立小泊小の男性教諭(41)が7日未明、五所川原市で酒気帯び運転をして人身事故を起こしていたことが9日、県教委への取材で分かった。五所川原署はこの事故を公表していない。
県教委によると、男性教諭は7日午前6時ごろ、同市下平井町の国道交差点を乗用車で右折した際、吹きだまりを避けようとして50代男性が運転する軽ワゴン車に衝突。男性は右足打撲などの軽いけが。同署員が飲酒検査をしたところ、法定基準を大幅に上回る呼気1リットル中0・7ミリグラムのアルコールが検出されたという。
男性教諭は6日午後6時から翌日午前3時まで市内の居酒屋などで教諭仲間らと酒を飲むなどし、近くの駐車場で約3時間仮眠。帰宅する途中だったという。男性教諭は同日、校長に事故を報告し9日は出勤していないという。
酒気帯び運転は原則として懲戒免職で、田村充治・県教委教育長は「事実関係を確認し、厳正に対処したい」と述べている。
五所川原署は公務員の酒気帯び運転による人身事故を非公表にする理由について、「呼気検査を拒んだり逃げるなどしたわけではない。逮捕事案や重傷事故でない限り、発表しない。教員や公務員だから発表するという基準もない」としている。

2009年2月10日 毎日新聞 地方版より引用



確かに、教員や公務員のだからといって公表する基準はないであろう。
しかし、同じ公務員だからという隠しておこうという意識が働いているとするならば非常に良くない。
これが続けば、もっと社会的に大きな事件や事故があっても公表しないということになりえないではなかろうか。
理由は件のとおり、「教員や公務員のだからといって公表する基準はない」で済んでしまうからである。

それよりも、むしろ同じ公務員だからこそ公表し、世の中の公務員に注意喚起を促す意味でも積極的に公表すべきであろう。
残念ながら、罪を犯したものは、刑事的にはもちろんのこと社会的にも罰を受けなければならないである。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/11 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通死亡事故:ゼロの記録更新止まる バス事故で-兵庫県(芦屋)
更新記録のストップとは大変残念である。

芦屋市高浜町で6日夕、近くに住む無職、三井隆さん(77)が営業運行中の阪急バスにはねられた事故で、三井さんは7日未明、脳浮腫のため死亡した。芦屋署は自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した、運転手の安実敦容疑者(51)=大阪市此花区西九条3=の逮捕容疑を同致死に切り替え、事故原因を調べている。
芦屋市では、07年1月15日から753日間交通死亡事故が発生しておらず、市として県内最長記録の更新中だった。

2009年2月8日 毎日新聞 地方版より引用



およそ、2年間以上、交通事故による死亡事故がなかった兵庫県の芦屋市、残念ながら、この交通事故により、今までの記録が途絶えてしまった。

ちなみに兵庫県は結構、死亡事故が多い県である。
警察庁の統計によれば、平成20年中の死亡者は199人で、全国ワースト8位。
その中において、2年以上も交通事故のよる死亡者がいなかったのはすごい。
それだけに、芦屋市を管轄している芦屋警察署の担当者の落胆が目に浮かぶようである。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/10 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「客なくてイライラ」ウーロンハイ飲みタクシー運転容疑
クルマの運転を職業としている人間が仕事中に飲酒をするなどもってのほかである。
ましてや、人を運ぶタクシーの運転手が飲酒をしているのでは、論外である。


タクシーを飲酒運転したとして、大阪府警は6日、同府東大阪市の「戎(えびす)交通」の乗務員、松川定敏(さだとし)容疑者(58)=同市瓜生堂1丁目=を、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。検問で飲酒が発覚したという。運転席にウーロンハイの空き缶があった。
生野署によると、松川容疑者は6日午前0時20分ごろ、大阪市生野区勝山南3丁目の市道で飲酒運転した疑いが持たれている。同署は、松川容疑者が「客がいなくてイライラして乗務中に飲んだ。空き缶は窓から捨てたので、何本飲んだかわからない。普段も休憩中に飲んでいた」と供述した、としている。
同署はタクシー強盗への注意を呼びかけるため、通常は検問で止めないタクシーにも停車を求めていた。

2009年2月6日 朝日新聞より引用




ilm01_ad03006-s_convert_20090206133416.jpg
しかも、警察も普段は止めないタクシーを、たまたま強盗注意の啓蒙の為に止めたら発覚したとのことである。
このタクシードライバーはその事実を良いことに普段から飲酒をしていたのではないだろうか。
また、客がないためイライラして飲んだといっているが、客だって皆無というわけではないだろう。
この飲酒したドライバーのタクシーに乗車し、交通事故でも起こされた日には、客としてはたまったものではない。

ごく少数ではあると思うが、勤務中に飲酒癖のあるタクシードライバーは即刻やめて欲しい。
客の為であるのは当然のこと、ひいては自分の生活の為でもあるのだから。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】
http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
================================

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

[2009/02/09 07:00] | 違反 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
酒気帯び事故:巡査部長、通報せず 七戸署が酒気検出-県警また「非公表」 /青森
これは明らかに警察の失態であろう。

七戸署の50代の男性巡査部長が物損事故を起こしたのに通報せずに現場を立ち去り、その後の調べで微量のアルコールが検出されていたことが4日、明らかになった。県警では、弘前署の警部補が酒気帯び運転の疑いで検挙されていたことが明るみに出たばかり。県警はいずれの事案も公表しておらず、飲酒に対する警察官のモラルと県警の姿勢が問われている。
県警幹部らによると、巡査部長は七戸署地域課自動車警ら係に勤務。昨年12月中旬の朝、乗用車で出勤中に七戸町内で単独衝突事故を起こした。しかし警察に通報せず、そのまま引き返したという。
巡査部長は別の車で昼ごろに出勤し、上司に事故を報告。同署が巡査部長の呼気検査をしたところ、酒気帯び運転の対象となる呼気1リットル中0・15ミリグラム未満の微量のアルコールが検出されたという。
県警は巡査部長に道交法違反の疑いもあるとみて調べているが、「必要性があれば発表し、違反がなければ処分しない」としている。

2009年2月5日 毎日新聞地方版より引用



この記事を読み解いてみた。

まず、単独の交通事故があったのが、昨年2008年の12月中旬の朝であるという。
そして、この男性巡査部長は、その場で交通事故の申告をせず、いったん自宅に引き返し、別のクルマで昼頃出勤、そのときに呼気1リットル中0.15ミリグラム未満の微量のアルコールが検出されたという。
こんな、記事が今ごろ出てくるということは、内部のリークとみて間違いないであろう。

そして、指摘すべき点は2つある。
①道路交通法第72条1項で定められている報告の義務を怠っている。
②道路交通法65条1項の何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならないに反している。

しかし、実際には①に関して、報告の義務はあるものの、人身事故ではないので、罰則は事実上無いに等しい。
また、②に関しても、アルコールは検出されたものの、違反の基準値を満たしていない。
以上のようなことから、違反として処分せず、したがって発表も無かったのであろう。

確かに、報告の義務を怠っても罰則は無く、検出されたアルコールも基準値を満たしていないので、物的証拠が不十分なので不問ということであろう。
しかし、交通事故をおこしたものの、すぐには報告せずに、いったん自宅に戻り、昼頃に出勤し、事故の報告をしたのは飲酒運転の罪を恐れての行為という状況証拠が立証されはしないだろうか?

いづれにせよ、こんな隠蔽体質では青森県警の権威は失墜してしまう。
もしかしたら、これは氷山の一角で、実はもっとこういった事例があり、その事実は完全に抹消されているのではないだろうか(特にキャリア組の上層部)と疑われても当然である。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

[2009/02/06 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
14病院受け入れ拒否、男性死亡=搬送まで1時間超(兵庫)
またしても病院の受け入れ拒否のニュースがあった。

交通事故で重傷を負った兵庫県伊丹市の男性(69)が、同市や宝塚市、大阪府豊中市など計14病院に受け入れを拒否された後、死亡していたことが4日、分かった。男性は伊丹市内の病院に運ばれたが、搬送まで1時間以上かかっていた。
伊丹市消防局などによると、男性は1月20日午後10時10分ごろ、伊丹市行基町の県道を自転車で横断中、自営業の男性(29)が運転するバイクと衝突。2人とも重傷を負った。
駆け付けた救急隊員は、3カ所の病院に救急要請したがいずれも断られた。4カ所目の兵庫医大救命センターでは、「1人しか受け入れられない」と言われ、意識がもうろうとしていたバイクの運転手を先に搬送した。
その後、複数の病院と連絡を取ったが、「専門外だ」「処置が困難」などと次々と拒否された。ようやく14施設目で受け入れに応じた伊丹市内の外科に搬送した。男性は搬送後、容体が急変し、病院到着から約2時間後に出血性ショックで死亡した。

2009年2月4日 時事通信より引用



以前にもこのブログ内でこのような交通事故の記事を扱ったことがあるが今回はちょっと納得の行かない部分がある。
それは、病院への受け入れ拒否をされた男性が、「出血性ショック」で死亡したことである。
前回の取り上げた交通事故では、事故の直後、全身を強く打ち、すでに心肺停止だったので、病院側も受け入れをためらったのであろう。

6病院拒否、事故女性死亡=救急車57キロ先の病院に搬送(福島)

しかし、今回の交通事故は、重傷者が2人いて、救急隊員のその場の判断で、バイクの男性が先に運ばれた。
ということは、この死亡した男性のほうが、事故直後の状態において、バイクの男性よりは大丈夫であると判断されたわけである。
ただ、その後、すぐに受け入れの病院が決まらなかったため、処置が遅れて死亡したと推察できる。

細かい状況まで知る由もないので、これ以上は分からないが、救えた命ではなかったのかと考えると非常に残念でならない。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/05 07:00] | 交通事故 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top
「うっぷん晴らしでやった」甲府署に軽乗用車突っ込む
なんとも怖いもの知らずというか無謀というか、相当警察を恨んでいたのであろう。

甲府市中央一丁目の甲府署の正面玄関に2日午後7時50分ごろ、軽乗用車が突っ込み、自動ドアなどが壊れた。けが人はなかった。
同署は建造物損壊の現行犯で、運転していた自称山梨県笛吹市の土木作業員の男(39)を逮捕した。「1月に酒気帯び運転で摘発され、うっぷんを晴らすために突っ込んだ」と供述しているという。
容疑者の呼気から基準値を上回るアルコールが検出されており、同署は道交法違反(酒気帯び運転)容疑でも立件する方針。

2009年2月3日 ZAKZAKより引用



それにしても、お酒を飲むと見境がつかなくなるといういう人間はいるが、これほどのことをするとは、どうも、やぶれかぶれであるに違いない。
こういう事件を目にするたびに思うが、罰則の強化とは一方でこのような人間を生みやすくなるのであろう。
当然のごとく、罰則を強化したことにより、年々、飲酒運転による交通事故は減ってきているので、罰則を今さら緩和するわけにはいかないが、憂慮すべき問題でもあると思う。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

[2009/02/04 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
国道にシカ!軽トラックに衝突、炎上させて姿消す(滋賀)
これはもう天災というほかないであろう。

2日午前6時40分頃、滋賀県高島市今津町藺生(ゆう)の国道303号で、市内の男性(37)運転の軽トラックが道路を横切ってきたシカに衝突した。
直後にエンジン付近から出火し、車は全焼した。男性は車外に逃げて無事。シカはそのままいなくなった。
高島署によると、衝突の衝撃で車両前部の電気系統の部品がショートし、出火した可能性もあるという。

2009年2月2日 読売新聞より引用



gum04_dr03014-s_convert_20090202194927.jpg

それにしても非常に不運な出来事である。
このような交通事故の場合、被害者であっても相手に損害賠償を請求できないのが悲しい。
しかし、野生動物との接触により人身事故になる場合も少なからずあるようだ。
本人が無事であったのがなによりであろうか。




================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/03 07:00] | 交通事故 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
福岡3児死亡:夫か子供か、恐ろしい選択…公判で母親陳述
これは2006年8月25日に福岡市東区の海の中道大橋で、飲酒運転をしていた福岡市職員の青年が運転していた乗用車に、市内在住の会社員の乗用車が追突されて博多湾に転落し、会社員の車に同乗していた3児が死亡した交通事故の判決事例である。

福岡市の3児死亡事故で危険運転致死傷罪などに問われ、1審・福岡地裁で業務上過失致死傷罪などが適用され懲役7年6月(求刑・懲役25年)を言い渡された元市職員、今林大被告(24)の控訴審第4回公判が30日、福岡高裁(陶山博生裁判長)であった。両親が意見陳述し、母親が「2人の子供を抱えながら海中に沈んでいく夫と、車中に残された子供のどちらかという、恐ろしい選択に直面した」などと、事故直後の状況を生々しく語った。
両親は大上哲央(あきお)さん(35)とかおりさん(32)。2人は「過失ではなく殺人行為そのものだ」などと、量刑が重い危険運転致死傷罪の適用を求めた。
今林被告側が哲央さんの居眠り運転などを主張していることに対して、哲央さんは「断じてそのようなことはなく、その主張のせいで心ない人から中傷を受けた」と訴えた。国内での平穏な生活を奪われた結果、現在は海外で暮らしていることを明かし「私たちが求めることは、あなたが、犯した罪を認めることです」と語った。
かおりさんは「(事故当時は)夫婦で七五三の話をしていた」と哲央さんの居眠り運転を否定。救出時については、車中に残った子供の救出をあきらめざるを得なかった当時の心境を、涙を流しながら振り返った。3児の生前の姿を子守歌を交えながら語ると、廷内からは傍聴者のすすり泣く声も聞こえた。
意見陳述後、検察側も最終弁論し「1審判決の脇見運転には事実誤認がある」などと、量刑が重い危険運転致死傷罪の適用を求めた。

2009年1月30日 毎日新聞より引用



飲酒運転は本当に人の人生を狂わせてしまう。この交通事故により、幼い子供3人が犠牲となっている。
また、なぜか被害者であるはずの夫婦が国内に居れなくなって、現在は外国に住んでいるという。
このような悲劇は2度と繰り返されてはならない。


================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
〈ケータイ用QRコード〉
================================

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2009/02/02 07:00] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。