FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
高齢者の運転免許、自主返納定着進まず (三重)
 「車がない生活なんて考えられない。ここはバスも不便だし」。

この言葉は、核心をついた言葉であると思う。

高齢者の交通事故が増加の一途をたどっている昨今、
運転免許の自主返納をよびかけているが、なかなか定着していないという。

運転能力が衰え、運転に支障をきたしてしまうのは確かに危険だ。
しかし、移動手段を奪われてしまった高齢者は日々の生活をどうしていけばよいのか。

自治体が、無料シャトルバスや、食料品の宅配サービスなど、高齢者の「足」に変わる機能を果たしてくれればよいのだが、財政的にもかなり厳しいものがあるらしい。

さらに、車を運転ができなくなり、
生活のためだけでない外出がままならなくなってしまった場合、
高齢者はどうすればよいのか・・・。

高齢者の交通事故防止と、免許返納制度、
この表裏一体の関係は、今後どの自治体でも頭を悩ます問題になるのであろう。



高齢者の交通事故が増えていることから、県警は運転中の判断力の衰えを感じた高齢ドライバーに運転免許の自主返納を呼び掛けている。しかし、公共交通機関が不便な地区や高齢者世帯では、車に替わる移動手段の確保が難しく、2008年中に返納した高齢者はわずか178人と少ない。

 運転免許の返納制度は高齢者の事故抑止などを狙いに、1998年度から全国で始まった。免許保有者が自主的に運転免許センターや最寄りの警察署に出向いて返納を申請する。強制力はない。

 県警によると、県内の65歳以上の高齢ドライバーは年々増加し、08年末時点で約21万人。免許保有者の約17%を占めている。それに伴って、安全確認の不足や、前方不注意による事故が多発している。高齢者が起こした人身事故は08年で1732件発生した。そのうち死亡事故は21件。全死亡事故の20%を占めた。

 県警は免許更新の高齢者講習と交通安全教室で、身体機能の低下を自覚してもらうための検査を行っている。同時に、免許の返納制度の啓発にも努めているが、返納者の割合は千人に一人にも達していない。

 「車がない生活なんて考えられない。ここはバスも不便だし」。県自治会連合会長の大田武士さん(71)=津市雲出伊倉津町=は、制度には賛成の立場だが返納には消極的。妻美子さん(65)との2人暮らしで、通院や買い物、農作業で車は欠かせない。

 身体機能の低下は自覚している。免許更新の際、教官から方向指示器を出す遅さを指摘された。近所には「もみじマーク」をはった車で、幹線道路を低速走行する人が多く、事故の話を耳にする機会も増えた。

 返納率を上げるため、県外では返納者を対象としたバスや電車の割引制度を設けている自治体がある。しかし、三重県では財政的な事情からこうした優遇措置を導入している例はない。さらに高齢者世帯が多い過疎地域では、公共交通機関が不便で、車以外の移動手段がないに等しい。

 そんな中、警察庁は6月から75歳以上の免許更新者に、認知機能検査を義務付ける。異常が見つかり、過去に交通違反がある場合は専門医で受診し、認知症と診断されれば免許の停止か、取り消し処分を受ける。

 県警交通企画課は「一方的に返納を求めるだけでは効果は少ない。行政と連携し、車がなくても不自由さを感じない仕組みを構築しなければならないだろう」と話している。

 (鈴木龍司)

中日新聞 2009年4月20日 より引用





================================
■本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》

■専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/

■掲示板形式で登録弁護士があなたの悩みに回答します
ロイプロ法律相談所
【PC】 http://lawyer-prof.net/sodan/
================================
スポンサーサイト
[2009/04/27 07:00] | 交通安全 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
信号時間差作戦で事故削減 サイクルずらし走行速度抑える(愛知)
この取り組みの今後を見守りたいと思う。

青、黄、赤のサイクルを各信号機でずらし、交通事故の削減を-。県警は県内の幹線道路で12日から順次、隣り合う信号機の信号サイクルのずれを大きくして、車の走行速度を抑える取り組みを始める。制限速度を超えて走る車を赤信号で止めるのが狙い。実施する3路線の4区間では平均速度の1割抑制を目指し、2009年度にはほかの12路線にも拡大する。
昨年の県内の交通事故死者数は276人で、4年連続全国ワースト。死亡事故の6割超が交差点で起きていることや車の平均走行速度が上昇傾向にあることから、速度抑制策をとることにした。
実施するのは、名古屋市千種区の県道名古屋長久手線の4キロ区間や豊橋市の国道1号の10キロ区間など。これまでよりも各信号機の信号サイクルのずれを大きくすることで、スピード違反の車が次々に青信号を通過するのを防ぎ、制限速度を守ってもらうようにする。県警交通管制課は「渋滞を招かないよう車両の流れにも配慮したい」と話している。
ほかにも交差点内での事故防止策を実施。09年度からの2年で、歩行者と車が交差点内で交錯するのを避ける「歩車分離式信号機」を計160交差点で導入。歩行者の待ち時間を減らすため、県内の押しボタン式信号機228基を今年9月までに、周囲の車両用信号機と連動しない単独運用に切り替える。 

2009年3月8日 中日新聞より引用



この記事の中にもあるとおり、渋滞を招かないようにするというのは、クルマの走行速度を抑えるというのには相反する考え方であるため、バランスが非常に難しいだろう。
ドライバーがイライラして無謀運転が頻発してしまえば、元も子もない。
とはいえ、現状を変えるという意味ではやらないよりはやったほうがよい。

いずれにせよ、一年後にどういう結果が出るか気にかかるところである。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/11 07:00] | 交通安全 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
研修会:高齢者事故防止に 介護予防拠点で(栃木)
こういう試みは全国で広がって欲しいと思う。
また、これにより、少しでも高齢者の関係する交通事故が減って欲しいと願う。

後を絶たない高齢者の交通死亡事故の抑止を目指す県警は、宇都宮市針ケ谷町の介護予防拠点「地域包括支援センター雀宮・五代・若松原」の職員らを対象に、高齢者事故防止研修会を開いた。
研修会には日ごろ介護サービスなどで高齢者と接する機会の多い職員ら14人が参加。自宅付近での事故が多いことなど、高齢者事故の特徴や具体的な注意点などを学んだ。研修会を修了した参加者には「シルバー交通安全アドバイザー」認定証が授与された。
参加した同センター主任介護支援専門員の津ケ原史代さんは、「今までは抽象的に『気を付けて』としか言えなかったが、今後は具体的なアドバイスができそうです」と話していた。
県警は県内83カ所の地域包括支援センターで順次、同様の研修会を開催して高齢者の事故防止を図っていく。

2009年3月7日 毎日新聞より引用



確かに、このように交通事故防止に対する研修会は、非常に具体的な内容になると思うので高齢者へのクルマに対する意識が変わってくるだろう。
残念なのは、予防講習というのは、結果が非常に分かりづらいことである。
こういった研修会を行う費用を捻出しづらいのではないだろうか。
だから、このような研修会なり、講習会なりを行うノルマを警察署に科すのも一つの手であろう。



================================
☆本家サイト
事故ったら.com
【P C】 http://www.jikottara.com/
【モバイル】 http://www.jikottara.com/m/
 qr_jikottara.jpg
《ケータイ用QRコード》
================================

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

[2009/03/10 07:00] | 交通安全 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自転車の96歳を在宅起訴、信号無視で死亡事故誘発(茨城県:取手市)
通常、自転車とトラックの交通事故というと、自転車側の被害を想像してしまうが、これは逆のケースである。
信号無視で道路に飛び出した自転車を避けようとして、民家にトラックが突っ込み、トラック運転手が死亡した交通事故だ。
なお、自転車は96歳の男性が乗っていたという。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
茨城県取手市の国道交差点で4月、信号無視の自転車を避けようとしたトラックが民家に衝突、運転していた男性会社員=当時(53)、千葉県柏市=が死亡した事故で、水戸地検土浦支部は19日までに、事故を誘発させたとして重過失致死罪で自転車の無職男(96)を在宅起訴した。
起訴状によると、男は4月7日午前6時ごろ、取手市の国道6号交差点を、自転車で赤信号を無視して横断。避けようとしたトラックを道路脇の民家に突っ込ませ、運転手を死亡させた。
取手署は「自転車の危ない運転が大事故につながった」として、同容疑で書類送検していた。水戸地検は「事案の重大性から公判請求が相当と判断した」としている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2008/12/19 ZAKZAKより引用


一般的に、人間は老いると、思考力、判断力、身体能力が衰えていく。
つまり、体は大きいままに幼児の状態に戻っていくと考えてよい。
かといって、社会的には一人の大人としてみなされているので、今回のように起訴になるのが幼児とは違うところである。

なんともやりきれないこのような交通事故を防ぐには、まず車の運転者の視点から考えれば、高齢者が歩いてたり、自転車に乗っているのを見かけた場合には、交通ルールは守らないものとみなし、十分徐行し、慎重にやり過ごすということが必要になってくるだろう。

また、高齢者側から視点から考えた場合、交通ルールを守るという意識しっかりと植え付ける必要がある。
ilm17_da01020-s_convert_20081219162100.jpg
そのためには警察や自治体が講習会や安全指導に今まで以上に力を入れるべきであろう。
また、それがままならない人には周囲のものがサポートしなくてはならない。今回のように被害者ではなく、加害者になるケースもあるのだから。
今後、日本は世界に例をみない超高齢化社会に突入していく。
このような問題を解決していくのは、日本における一つの喫緊な課題ではないかと思う。

テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク

[2008/12/19 16:24] | 交通安全 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
飲酒運転:全国取り締まり499件検挙(警察庁)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
警察庁は6日、前夜に実施した全国一斉飲酒運転取り締まり結果を発表した。
繁華街周辺、主要幹線道路、高速道路の出入り口付近など約3200カ所で、5日午後8時~6日午前5時まで約2万1000人の警察官を動員して行われ、飲酒運転での検挙件数は499件(うち逮捕者19人)だった。

飲酒運転のうち「酒酔い」が3件(同2人)、「酒気帯び」が496件(同17人)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
毎日新聞 2008年12月6日より引用

先日、警察が日本全国3200ヵ所で飲酒運転の取り締まりを行った。
なんと、一晩で499人も検挙されたという。
昨今、いろんなところで飲酒運転が問題になっているにも関わらず、まだ、飲酒運転をしている人がたくさんいるのだなと思ってしまう。
とはいえ、飲酒運転自体はどうやら減っているようだ。下の図を見ていただこう。

原付以上運転者のコピー_convert_20081217165331※クリックで拡大

この統計は過去10年における毎年10月の飲酒運転による死亡事故の件数だけだが、このように、過去10年の間に飲酒運転は確実に減っていることがわかる。

ところで、2007年の法改正により、飲酒運転による罰則が強化されたが以下のとおり。

酒酔い運転=5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転=3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

そこで、全員が罰則金を払うとは限らないが、仮に払ったとすると、一晩でどれだけの罰則金になるのか計算してみた。

酒酔い運転:100万円×3件=300万円
酒気帯び運転:50万円×496件=2億4800万円
合計 2億5100万円

う~ん・・・すごい数字。

ここで一句。


「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな、罰金給料2か月分」

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

[2008/12/17 16:58] | 交通安全 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。